最新記事

サイバー攻撃

メルケル首相「正直、苦痛だ」......相次ぐロシアのサイバー攻撃にEUが制裁

2020年6月5日(金)16時00分
モーゲンスタン陽子

ロシアによる度々のハッキングに「見過ごすわけにはいかない」と宣言 REUTERS/Axel Schmidt

<先月、メルケルの電子メールアカウントにロシアのスパイがアクセスしたことが発覚。相次ぐロシアのハッキングにEUの新サイバー制裁制度の適用が検討された......>

3日、ブリュッセルでの会合で、先月明るみに出たロシアによるドイツ連邦議会ハッキングに対するEUの新サイバー制裁制度の適用が検討された。新型コロナ対策措置の接触制限が3月から続いていたが、初めての対面会議となった。

参加外交官によるとドイツは、EU制裁システムを発動し、ロシア軍事情報局長とそのスパイの欧州内移動禁止と資産凍結を求めている(ポリティコ)。EU加盟国がサイバー攻撃に関与する個人に制裁を加えられるようにする昨年5月に誕生したシステムだが、実際に発動されたことはまだない。全加盟国の承認が必要だが、今年後半に制裁が実現すれば、長期にわたるEUのサイバー攻撃対策の大きな転換期となりそうだ。

ロシアのスパイが、メルケルの電子メールアカウントにアクセス

ドイツのメルケル首相は先月13日、ロシアによるドイツ連邦議会および自身に対する「言語道断な」ハッキング行為の「確固たる証拠」を入手、国としてこれを「見過ごすわけにはいかない」と宣言し、EUに協力を求めた。「毎日ロシアとのより良い協力関係を築こうと努力する一方で、ロシア軍がこのような行為に関わっている確かな証拠があることを知る。正直、苦痛だ」と、憤りを露にした。

ドイツ各紙が報じたところによると、首相は2015年5月8日、第二次世界大戦終結70周年の記念式典に各国から大使などゲストを招待した。その中に紛れ込んだロシアのスパイが、メルケルの電子メールアカウントおよび連邦議会の情報にアクセスしたという。

この人物はディミトリー・バディン(29)と伝えられており、2016年の米大統領選で民主党に対しサイバー攻撃を仕掛けた容疑でFBIから指名されている人物と同一と見られている。バディンが2015年当時GRU(ロシア軍事諜報局)内のAPT 28またはファンシーベアとして知られるハッカーグループのメンバーであった確かな証拠があがったため、ドイツ検察は先週バディンの逮捕状を発行した。

dmitriy-sergeyevich-badin.jpg

FBIから指名されているディミトリー・バディン

どのようなデータが盗まれたのは不明だが、事件の象徴するものは大きい。ベルリンのシンクタンク「財団 新責任」の研究員ユリア・シェッツェは「これはメルケル首相にとって重要なことだ。彼女自身影響を受け、他の多くの議員も影響を受けた」とポリティコに語っている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米国務長官、ロシア外相にウクライナ侵攻なら「高い代

ビジネス

FRB、利上げ計画の策定開始する時期の可能性=SF

ワールド

米ノババックス、オミクロン株対応のワクチン生産を1

ワールド

欧でワクチン接種者のオミクロン感染相次ぐ、スペイン

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 6

    「人魚の財布」からトラフザメが出てくる瞬間

  • 7

    「1日1回食事する犬は加齢性疾患のリスクが低い」と…

  • 8

    「小さな死のリンゴ」 下に立つだけで有害、ギネス…

  • 9

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 10

    教員の給与を改善しなければ、優秀な人材を教育現場…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 5

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 6

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 7

    大暴落の足音

  • 8

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 6

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 7

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月