最新記事

暴動

ドイツに暴動の伝播 政治的動機のない若者が商店が破壊、警察を襲う

2020年6月23日(火)17時10分
モーゲンスタン陽子

シュトゥットガルトで、数百人の若者が警察隊に襲いかかった...... Guardian News-YouTube

<ドイツ南西部の主要都市シュトゥットガルトで、若者の集いが暴動にエスカレート。数百人の若者が警察隊に襲いかかり、警官19人が負傷した......>

ドイツ南西部の主要都市シュトゥットガルトで20日深夜、大規模な暴動が発生し、目抜き通りの商店が破壊・略奪された。数百人の若者が警察隊に襲いかかり、警官19人が負傷、25人が逮捕された。背景に政治的な動機はないという。

また先週18日には北部ブレーメンで、ナイフを持ったモロッコ系の男性を警官が射殺。「行き過ぎた暴力ではないか」との声が高まり、警察が内部調査を開始している。

政治的動機のない若者の集まりが暴動にエスカレート

バーデン=ヴュルテンベルクの州都シュトゥットガルトにはポルシェやダイムラーなど世界的大企業の本社があり、経済的にも安定した都市だ。日本人住民も多い。20日の土曜日は気候も良く、街の中心部には多くの若者が集まっていた。ほとんどがティーンエイジャーや20代だった。BLM運動や対新型コロナ規制デモなどの政治的な集いではなく、ただ土曜の夜を楽しもうと集まった、たくさんの個人的なグループだった。

中央部の広場で警察が麻薬の取り締まりを始めると、少年が一人逃げ出した。それを見た他のグループの若者たちが次々に警官に襲いかかり、殴りつけたり、石や瓶などを投げつけたりした。最終的には500人近い若者が暴れ出し、次第に略奪行為に発展。ユニクロもあるメインショッピングストリートで、スポーツ店、宝石店、電気機器店など40店が破壊され、うち9店で略奪が行われた。

暴動現場には約280人の警官が動員されたが、うち19名がすぐに持ち場を離れなければならないほどの重傷を負ったという。警察の発表によると、16歳から33歳のドイツ、ポルトガル、イラク、クロアチア、ラトビアなどの国籍の若者25名が逮捕された。なかでも16歳の少年は、暴動を止めようとして殴られ地面に横たわっている学生の首を蹴った容疑で殺人未遂に問われる可能性があるという。

このような暴動はシュトゥットガルトでは近年起こったこともなく、住民はショックを隠せない様子だ。ほとんどの若者が酔っ払っており(ドイツでは10代から段階的に飲酒が許可されている)、行為がエスカレートしたようだ。SNSに動画をアップしたいだけという若者もいただろう。

しかし、いくら政治的動機はないといっても、ここまでの騒ぎになってしまった背景には、やはり現在アメリカで起こっている暴動の、絶え間なく流れてくるニュースの影響があるだろう。さらに、新型コロナ対策の長引く規制による鬱憤、そして先行きの見えない不安などが重なって、一気に爆発してしまったようだ。

だが、ストレスを受けているのは警察も同じだろう。メルケル首相は暴動を容認できるものではないとして非難、警察の対応を讃えた。今回の暴動を受け、シュトゥットガルト警察は屋外でのアルコール禁止や、深夜の外出禁止令などの措置の検討を求めている。

【話題の記事】
「ドイツの黒人はドイツ人とは認められない」 ベルリンで起きた共感のデモ
ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことがわかった

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

タイ、6月からナイトクラブの規制解除へ コロナ新規

ワールド

EU首脳、ウクライナ再建基金で合意へ 資金調達は不

ワールド

ベルギーでもサル痘感染を初確認、同じパーティーに出

ビジネス

日産と三菱自が軽EV今夏発売、補助金で100万円台

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 5

    ロシア、ウクライナへ新型レーザー兵器投入 数キロ先…

  • 6

    ベトナムと韓国の歴史問題「棚上げ」の思惑はなぜ一…

  • 7

    あのグリーンピースがロシアに実力行使

  • 8

    「恥ずべきほど成果がない」 ロシア国営メディアが…

  • 9

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 10

    ついにロシア国営TV「わが軍は苦戦」、プロパガンダ…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 4

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 5

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 6

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 7

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 8

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 9

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 10

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月