最新記事

感染症対策

韓国、深刻なコロナ第3波へ超強硬対策 まさかの裁判所閉鎖や検察の逮捕停止まで

2020年12月26日(土)21時30分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

韓国ではスキー場の営業停止など強硬なコロナ対策が取られているが…… KBS News / YouTube

<ドライブスルー方式の検査などで一時は抑え込んだ国が今や危機的状況に>

世界的に新型コロナウィルスの感染拡大が深刻化するなか、韓国では感染数が累計では5万5902人(26日午前0時時点)に達し、連日1000人前後で感染者が増えている深刻な状態だ。防疫対策本部は、年末にかけて、引き続き1日あたり1000人規模で感染者が発生するだろうとしている。

特に、医療機関や療養施設などでも新たなクラスターが発生したことが問題となっている。

こういった施設ではコホート隔離と呼ばれる集団隔離処置をとっているところも多い。しかしこのコホート処置が重症患者を逆に増加させているのではないかと疑問視する声が上がっている。

特に高齢者施設でのクラスターは深刻で、京畿道内に存在する施設のうち職員・看護人・入居者のコホート隔離を行っている6カ所での感染死亡率はなんと10%にも上るという。

感染第3波の深刻さを受け、韓国政府は早速コロナ対策強化を打ち出した。特にこの時期は、クリスマスや年末年始で人と会う機会が増える。この集まりでさらに感染が拡大するのを恐れ、韓国は24日から1月3日まで全国一斉「特別防疫期間」に入った。これは、日本のような要請レベルの甘いものではなく、守らなければ罰金が科せられるなど厳しいものだ。

全国のスキー場を営業停止に

5人以上での集まりを禁止する措置が全国の飲食店にも拡大され、守らなければ、お店側が300万ウォン、客側も10万ウォンの罰金を払わなくてはならない。5人以上のグループが2組に分かれて同時に飲食することも禁止という厳しさだ。宿泊施設は人数制限が付き、映画館も夜9時には営業を停止しなければならない。

また、今が稼ぎ時であるスキーリゾート施設においては、営業停止が言い渡された。これには抗議の声が寄せられ、スキー場の多い江原道ではスキー場関係者と周囲の業者が集まってデモをするなど騒ぎとなっている。

彼らは、特別防疫期間を行うことに反対しているわけではなく、大型デパート、ゴルフ場はオープンを許可しているのに、感染者が一人も出ていないスキー場の運営を全面停止することについて抗議している。1年の売り上げの多くがこの期間に集中すると言っても過言ではないスキーリゾート関係者にとって、今シーズンは厳しい冬となりそうだ。

刑務所で300人規模のクラスター発生

さらに、裁判所の休廷や検察による逮捕停止など信じられない感染症対策まで登場した。

ことの発端は、今月、罰金の未払いで拘束され1週間後に出所した人物が、出所後コロナウィルスに感染していたと分かったことだ。このソウル拘置所は韓国最大規模で、朴槿恵前大統領も収監されている。ソウル拘置所は接触のあった85人に急遽検査する騒動となった。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

トヨタ、小型セダンのEVを中国に来年投入 BYDの

ビジネス

米国株式市場=反発、オミクロン株による影響消化

ビジネス

NY外為市場=ドル上昇、雇用統計控え上値は限定的

ワールド

原油先物1%超上昇、OPECプラスの増産維持で荒い

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 6

    「人魚の財布」からトラフザメが出てくる瞬間

  • 7

    「1日1回食事する犬は加齢性疾患のリスクが低い」と…

  • 8

    「小さな死のリンゴ」 下に立つだけで有害、ギネス…

  • 9

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 10

    教員の給与を改善しなければ、優秀な人材を教育現場…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 5

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 6

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 7

    大暴落の足音

  • 8

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 6

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 7

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月