最新記事

日本社会

コロナ禍の今思う、阪神・淡路大震災が日本社会に遺したレガシー

2021年1月20日(水)20時00分
にしゃんた(羽衣国際大学教授、タレント)

1.17の被災地である兵庫県内の10市10町に住んでいたのは日本人だけではなかった。8万人の外国人が居住していて、そのうちの多くが負傷し、200人が命を落とした。被災地における外国籍住民の存在が、日本の社会の多様性について考える大きなきっかけとなった。特に被災外国籍住民の4人に1人が日本語の読み書きが出来なかった事実に、大きな衝撃が走った。被災地で被災者を対象に役立つ情報が盛んに行き交っても、全てが日本語であるため恩恵に預かれない社会構成員がいる。そのことが、日本における多言語化の必要性を浮き彫りにし、活字はもちろん、後に多言語放送局を誕生させた。私も被災地で経験を積んだ仲間とともに多言語コンテンツの会社を起業するに至った。

また、共生を妨げる要因は言葉に限らず、制度の壁や心の壁にもあるということの気付きが、多文化共生社会に向けたさらなる肉付けとなった。同時に、それまで「外国人は母国に帰る」という前提で来日しているとの発想に立って組み立てられていた国際交流の活動なども、「帰国するとは限らない」との立ち位置に立った多文化共生の活動へと変貌を遂げた。 

1.17を機に産み落とされたボランティアと多文化共生の双子が多くの人たちの手によって立派に育ち、東京オリンピックや多くの場所で活躍しようとしている。繰り返しになるが、1.17で日本は多くを失った。そして、得たものも決して少なくはない。災害であっても、地震とコロナによる被害は同じではない。なにより人々の生身の交流が制限されたことは大きな違いだろう。だがコロナも私たちから奪う幸せと引き換えに、正の遺産を残そうとしていると思えてならない。

コロナ禍を社会変革に

事実、コロナショックは日本人に変化をもたらした。内閣府によって昨年4月に発令された緊急事態宣言からわずか1カ月後に行った「新型コロナウイルス感染症の影響下における生活意識・行動の変化に関する調査」では、「家族の重要性をより意識するようになった」や「生活を重視するようになった」などの回答が多く見られた、その中でもテレワークなどを経験した人の意識変化がより顕著であった。

長年の懸案だったにもかかわらず、実現できていなかったテーマの一つに「ワーク・ライフ・バランス」(WLB)がある。日本の経済成長期において、いつの間にか定着した、父が会社に、妻は家事育児に、子供は学校や塾に縛られバラバラになったその家族像や時間を、見直す契機になるのではないか。ワーク・ライフ・バランスを図ることで得られるのは家庭生活の質の向上だけではない。仕事においての生産性向上やイノベーションも期待できる。

デジタルトランスフォーメーション(DX)の遅れも日本の大きな課題で、「2025年の崖」が指摘されている。特に2025年時点には21年以上が経過した日本企業の基幹系システムが全体の6割に達すると見られている。システムのメンテナンスのために経費と人が奪われて、がんじがらめになっている現状を打破せねばならない。DXしないままだとすると2025年以降、最大で年間12兆円の経済損失が発生すると、専門家は警鐘を鳴らしている。その点も、必要に迫られ、コロナ禍でDXへの社会的関心が高まっていることに期待したい。後々、コロナパンデミックを振り返った時に、「WLB元年」や「DX元年」などと言われるような可能性を大いに秘めている。

このような時は特に、嫌なことばかりに目がいってしまうのは人間の性かもしれない。しかし、1.17のレガシーと照らし合わせ、少しでも明るい未来に想いを馳せるようにと、自分にも言い聞かせている。

【筆者:にしゃんた】
セイロン(現スリランカ)生まれ。高校生の時に初めて日本を訪れ、その後に再来日して立命館大学を卒業。日本国籍を取得。現在は大学で教壇に立ち、テレビ・ラジオへの出演、執筆などのほか各地でダイバーシティ スピーカー(多様性の語り部)としても活躍している。

 20220201issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2022年2月1日号(1月25日発売)は「あぶない超加工食品」特集。WARNING: 脳の快感回路にダイレクトに響く不自然な食品は、フード業界の福音だが、消費者には病気の源?


今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ウクライナ大統領、米のパニック的対応批判 ロシアと

ワールド

米北東部に激しい暴風雪予報、週末の航空便の欠航相次

ワールド

アングル:英女王在位70年、祝賀ムードに影落とす王

ワールド

バイデン氏、「近いうちに」米軍派遣 東欧やNATO

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:あぶない超加工食品

2022年2月 1日号(1/25発売)

脳の快感回路にダイレクトに響く「不自然な食品」は食品業界の福音だが、消費者には病気の源?

人気ランキング

  • 1

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どうした?」「影は嘘をつかない」

  • 2

    ビットコイン長期保有者、ついに「利確」開始か...オンチェーン分析で明らかに

  • 3

    南シナ海に沈んだF35Cらしき画像がSNSに浮上、米中が回収合戦

  • 4

    BTSメンバーの「資産額」ランキング...1位のメンバー…

  • 5

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 6

    世界的な登山写真家が捉えた、ほぼ誰もたどり着けな…

  • 7

    新曲の一部? BTSのVが聞き慣れない曲を口ずさむ動画…

  • 8

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 9

    ヒトラーにたとえるのは「国際的にご法度」か

  • 10

    角を切られ、30回手術を受けたサイが野生に戻される

  • 1

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どうした?」「影は嘘をつかない」

  • 2

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 3

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 4

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミク…

  • 5

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体…

  • 6

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 7

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

  • 8

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子…

  • 9

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 10

    ビットコイン長期保有者、ついに「利確」開始か...オ…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どうした?」「影は嘘をつかない」

  • 4

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 5

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 6

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 7

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 8

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 9

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 10

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年1月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月