最新記事

韓国社会

韓国、コロナ感染急増が生み出した「モンスター」地下駐車場運動族

2021年2月23日(火)16時30分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネーター)

運動しない方が健康的?

オンラインコミュニティサイトの掲示板には「マンションの低層階に住んでいるが、駐車場出入り口側のベランダを1日開けておくと床に黒いほこりが目立つ。」というような空気の悪さを示す体験談も登場した。「駐車場で運動するぐらいなら、いっそしない方が健康に良いだろう」というような否定的な書き込みが目立つようになると、今度は「非常階段運動族」という新しい一派が登場する。

こちらも言葉そのままの意味で、マンションの非常階段を上り下りして有酸素運動をする人たちだ。これならば、車の行き来を気にせずに気軽に行える。館内に設置されている非常階段の場合は、換気の問題があるが少なくとも車の排気ガスは免れるはずだ。

駐車場や階段でのフィットネス程度では物足りないという人には「ホームト」をお勧めしたい。これは「ホーム・トレーニング」を縮めた言葉で、家に本格的なジム機具をそろえて、家の中で筋トレをすることである。

個人で購入できるダンベルなどはもちろん、最近ではコロナで運営が厳しくなり閉店してしまったジムが、筋トレの機具を中古で販売する機会も増えているという。懸垂機具、スクワットマシン、ショルダープレスなど本格的なマシンが安価で購入できると人気だそうだ。

マイホームジムの貸出でコミュニティも

さらに、買い取った機具をそろえて個人的な小さなジムが完成すると、自分だけで楽しむのではなく、なんとオンラインでシェアする動きが始まった。筋トレ仲間がトレーニング場所に困っていれば、自分の家を貸し出してシェアするのである。

韓国で人気のオンライン・フリーマーケットサイトであるボンゲジャントやタングン・マーケット(日本でいう「ジモティ」のようなサイト)をのぞいてみると、最近「ホームジム利用権」の出品者が目立つようになった。価格は1回の利用につき5千から1万ウォン(約500円~1000円)程度で販売されている。また、反対に「ソウル市内○○洞付近でホームジム求む」の利用者側の書き込みも増えている。

同じ筋トレ好きの人びとが、自宅に設置したトレーニングマシンを個人で楽しむだけではなくシェアすることにより、自然発生的に横の繋がりも生まれ始めている。これは、日本ではなかなか見られない韓国らしさと言えるかもしれない。

冬が来る前に近所の知り合いや親せきが集まって、キムチを一緒になって漬ける習慣や、仲の良い者同士が集まってお金を毎月出し合い、そのグループの一人にあげる「ケ・モイム」という集まりなど、現代では減少したとはいえ、韓国人はウリ文化と言われる仲間意識が強い。駐車場や非常階段で運動するだけのことだが「~族」という新造語を作り出し、お互いの仲間意識を高めているようにも見える。

コロナ感染防止対策で、様々な禁止事や制約が増えていき、1年たった今でもまだまだ息苦しい生活が続いている。しかし、個人個人で工夫をし、やりたいことを諦めない姿にたくましさを感じずにはいられない。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米政権の経済課題は「現代のサプライサイド経済学」=

ワールド

米、中国航空4社の44便を運航停止 中国の措置に対

ワールド

米19州・ワシントンでコロナ感染者減少、オミクロン

ビジネス

中国対抗と半導体投資増強の法案提出へ=ペロシ米下院

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

人気ランキング

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かんでいる 3次元でマップ化

  • 3

    おまけ狙いの爆買い男性に106食分を売った中国ケンタッキー、当局から正式に怒られる

  • 4

    消えた陸地、火山灰に覆われた滑走路... 衛星写真で…

  • 5

    オタク活動に注意? 芸能人を好きになり過ぎると「知…

  • 6

    飼い主に高速連続パンチを見舞う子猫 ネット民から…

  • 7

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

  • 8

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 9

    北京五輪には自前のスマホを持ち込むな、米加が選手…

  • 10

    北京五輪参加者に忍び寄る肛門PCR強制の恐怖

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う

  • 4

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 5

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 6

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 7

    通りすがりの女性に救われた子猫は「とんでもない場…

  • 8

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 9

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

  • 10

    英スーパー、ソーセージを成人用として販売 客は年…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 8

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 9

    「賃貸か、持ち家か」議論の答えは出ている

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年1月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月