最新記事

感染症

馬の感染症が急速に世界に広がり警戒強まる 欧州イベントすべてキャンセルに

2021年3月12日(金)16時25分
冠ゆき
スペインの馬

今回の流行はスペインで2021年2月に開催された国際障害飛越競技会で広まったものと考えられている (写真は2019年、セビリア)REUTERS/Marcelo del Pozo

<馬ヘルペスウイルス1型(EHV-1)の感染が競走馬の世界で広がり、過去何十年の中で、ヨーロッパでは最も深刻になりそうとも言われ、各国は警戒を強めている......>

今年に入って、馬ヘルペスウイルス1型(EHV-1)の感染が競走馬の世界で広がっている。国際馬術連盟(FEI)は3月1日EHV-1の流行を宣言し、すでに開催中の競技以外、3月28日までに予定されている欧州でのイベントをすべてキャンセルし、厳しい検疫制度を定めた。しかし、その後も感染の報告が続いており、各国は警戒を強めている。

馬ヘルペスウイルス1型(EHV-1)とは?

馬ヘルペスウイルス(EHV)は、馬に感染して流行を起こす。もっとも一般的なタイプはEHV-1とEHV-4で、「EHV-1は、流産、呼吸器疾患、神経疾患を引き起こす」。EHV-4は、といえば、「通常は呼吸器疾患のみを引き起こす。流産の原因となることもあるが、神経疾患は滅多に起こさない」とされる。

EHV-1に感染した馬の中には、重篤な神経疾患から死に至ることもある(コールレーンタイムズ紙)。「多くの場合、発熱が最初の兆候」で、潜伏期間は「2週間から数か月」である。馬同士の飛沫感染のほか、感染した馬との接触で広がるため、「轡やバケツ、タオルなどの共有」には注意が必要だ。また「感染した馬に接触したヒトの衣服、手、装備」も感染経路になりうる(ザ・ホース)。

バレンシア会場で流行発生か?

今回の流行は、スペイン、バレンシアで2月から開催されていた国際障害飛越競技会で広まったものと考えられている。最初に症状を呈したのは、フランスの馬で、バレンシア会場を出てフランスへ帰国してからの発症だった。FEIが流行を宣言した3月頭の時点では、同じ会場にいた馬6頭の死亡がすでに確認されていた。また、同時期、同イベントに集まった750頭以上のうち、約100頭に感染症状が認められていた。

このバレンシアの競技会には、数十か国の馬が集まっていた。多くは、FEIによる宣言以前にすでにバレンシアを後にしており、感染拡大の種はすでに世界に散らばった可能性がある。実際、コロンビアの馬2頭とドイツの馬2頭は、バレンシアの競技会場から直接次の競技会場であるカタールに移動。ただし、2月20日カタールに到着した4頭は、それ以降、隔離されているという。到着時のPCR検査は4頭とも陰性だったが、少なくとも3月3日の時点で、そのうち1頭の検査結果が陽性に転じたことが判明している。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

NY外為市場=円・スイスフラン上昇、パウエル氏のタ

ビジネス

米国株式市場=下落、テーパリング加速や変異株巡る懸

ワールド

オミクロン、20カ国226例確認 重症化リスクの判

ビジネス

米経済回復は堅調と確信、先進国全体でインフレ進行=

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 2

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    種を守るため1500キロ旅した偉大なハイイロオオカミ…

  • 7

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 8

    韓国の新規感染者数が初の4000人超え。日本とは何が…

  • 9

    カリフォルニアで急増する野生動物と車の衝突事故...…

  • 10

    「朝、3分間、長波長の赤い光を目に当てると、加齢で…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 6

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 7

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 10

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 6

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 7

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

  • 8

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月