最新記事

ルポ新型コロナ 医療非崩壊

カギは「災害医療」 今、日本がコロナ医療体制を変える最後のチャンス

THE GOOD “MAKESHIFTS”

2021年3月17日(水)17時50分
石戸 諭(ノンフィクションライター)

magSR210316_medical15.jpg

佐々木淳(中央)は高齢のコロナ患者の在宅での治療は可能だと語る HAJIME KIMURA FOR NEWSWEEK JAPAN

佐々木もまた「自分たちでもある程度は対応できる」と語る医師だ。無論、治療方針は年代によって大きく異なる。新型コロナ最大の特徴は、高齢者、それも多疾患の高齢者の感染リスクが高くなることだ。彼らが相手にしているのは、超が付くハイリスク群と言えるだろう。

佐々木は高齢者をサポートするスタッフにも「介護現場が最前線」だと語り掛け、知見をシェアし、相談にも乗ってきた。「いなげ」の施設長、外口恵は「1年以上、緊張が続いていますが、ここが最前線だと言ってくれて、私たちはうれしかったです。いざ何かが起きたら、やれることをやるしかない。そこで誰に相談すべきかが分かっていますから」と話す。

「最高」は「最良」にあらず

佐々木が徹底しているのは、アウトブレイク(感染爆発)の予防だけでない。彼はそれが起きることを前提に「保健所がすぐには来ない、救急車も搬送不可能という状態」でのオペレーションが必要だと考え、備えてきた。激務が続く保健所は、すぐには駆け付けられないし、現状の医療体制では病院搬送も時間がかかることは目に見えているからだ。

普段からPCR検査体制を整え、施設関係者に陽性者が1人出たら保健所の指示のもと24時間以内に施設内の高齢者、職員に検査を自前で行い、ゾーニングまで完結させる。クラスター対策のように、施設全体の病院化も手段として十分にあり得る。

彼らは「いざという時」の備えを個人レベルにまで落とし込んでいる。「感染したとしても、尊厳を守る」医療を当事者と共に考えてきた。コロナ禍にあって訪問診療を積極的に続け、新型コロナ感染が疑われる段階であってもまず診察し、知見をためた。感染した場合、入院するのか、あるいは在宅で診るのか。佐々木たちは丁寧なシミュレーションと共に在宅と入院、双方のメリット・デメリットを説明する。

病院は最高の医療を提供できる。しかし、「最高」が個人にとっての「最良の医療」とは限らない。多疾患の高齢者で、余命もわずかという人がコロナに感染したとしよう。入院を希望すればそれはそれでいい。だが有無を言わせず入院させるよりも、家族と共に在宅で最期を迎えるほうが「最良」だと言ったら、彼らはそれに従う。

「在宅での治療は決して難しくはありません。高齢者の場合、そこまで飛沫を飛散させるということはないのです。呼吸が苦しくなれば在宅で酸素吸入もできます。痛みが激しい場合は通常の肺炎と同じように痛みを取り除く緩和治療もします。在宅で最期を迎えた場合、僕たちはご遺体を拭いて、遺体収納袋に入れるところまで一緒にやりますよ」

医師の訪問前に換気をしてもらい、マスク着用、必要ならば医療用ガウンなどを着用すれば十分だと言う。佐々木たちの説明を聞き、在宅という選択肢があることに驚き、それを希望する当事者は決して少なくない。多くの人はコロナに感染したら臨終の場に立ち会えないのではないか、と危惧している。だが、そもそも在宅治療という選択肢すら知らないというのが現実なのだ。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ウクライナ大統領、米のパニック的対応批判 ロシアと

ワールド

米北東部に激しい暴風雪予報、週末の航空便の欠航相次

ワールド

アングル:英女王在位70年、祝賀ムードに影落とす王

ワールド

バイデン氏、「近いうちに」米軍派遣 東欧やNATO

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:あぶない超加工食品

2022年2月 1日号(1/25発売)

脳の快感回路にダイレクトに響く「不自然な食品」は食品業界の福音だが、消費者には病気の源?

人気ランキング

  • 1

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どうした?」「影は嘘をつかない」

  • 2

    ビットコイン長期保有者、ついに「利確」開始か...オンチェーン分析で明らかに

  • 3

    南シナ海に沈んだF35Cらしき画像がSNSに浮上、米中が回収合戦

  • 4

    BTSメンバーの「資産額」ランキング...1位のメンバー…

  • 5

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 6

    世界的な登山写真家が捉えた、ほぼ誰もたどり着けな…

  • 7

    新曲の一部? BTSのVが聞き慣れない曲を口ずさむ動画…

  • 8

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 9

    ヒトラーにたとえるのは「国際的にご法度」か

  • 10

    角を切られ、30回手術を受けたサイが野生に戻される

  • 1

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どうした?」「影は嘘をつかない」

  • 2

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 3

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 4

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミク…

  • 5

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体…

  • 6

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 7

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

  • 8

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子…

  • 9

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 10

    ビットコイン長期保有者、ついに「利確」開始か...オ…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どうした?」「影は嘘をつかない」

  • 4

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 5

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 6

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 7

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 8

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 9

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 10

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年1月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月