最新記事

ルポ新型コロナ 医療非崩壊

カギは「災害医療」 今、日本がコロナ医療体制を変える最後のチャンス

THE GOOD “MAKESHIFTS”

2021年3月17日(水)17時50分
石戸 諭(ノンフィクションライター)

みとりと緩和治療の関係は、ジャパンハートの宮田も頭を悩ませていた。彼女が支援に入った施設でも患者と家族が積極的治療を望まないケースは当然ながらある。では、どこまでが積極的治療なのか。痛みを取るための緩和治療も積極的治療と見なすこともできれば、最期を穏やかに迎えるための必要なケアと捉えることもできるはずだ。前者の判断が通る現場に立ち会うたびに、彼女はどこかで基準が示される必要があるのではないかと思ってしまうのだ。それは患者の尊厳のために、である。

望む治療が受けられない、望まない治療を受けてしまう。これは双方にとって不幸なことだ。「最前線」では、「尊厳」と「最良」の医療をめぐって思考が続いている。

■Case4:「災害医療」の知見

2020年冬から始まった第3波で、名古屋大学医学部附属病院中央診療棟A6階にある内科系ICU全15床は全て新型コロナ患者で埋まってしまった。ここは名古屋市で最も多く重症患者を受け入れてきた病院である。最初期、新型コロナ患者専用ICUは1床だった。今、本来なら内科系ICUで治療を受けるはずだった患者は、中央診療棟B4階にある外科系ICUが受け入れている。この事実に着目すれば、「通常」の医療体制は完全に崩壊している。そしてICUが空いても、すぐに重症患者で埋まってしまう。

人工呼吸器や、体外式膜型人工肺のECMOの装着時には10人前後のスタッフが集まるが、多くの場合、装着時間は30分にも満たない。装着後から始まるICUの標準的な治療はざっと次のようなものだ。

装着後は血圧、脈拍、心拍数、呼吸回数、血中酸素濃度、体温などの24時間モニタリング、点滴や気管チューブといった人工物の刺入部に異変がないかの確認、床ずれが起きないように2時間に1回は寝返りを打たせる。最も重労働なのが12時間に1回はうつぶせの患者はあおむけに、あおむけに寝ている患者はうつぶせにと交互に体の向きを変える作業だ。名古屋大病院では全員が防護服を着て、医師はチューブなどが取れないか確認のため付き添い、看護師4〜6人がかりで向きを変える。

同病院の集中治療専門医、山本尚範は「それでも勤務体制を維持し、休みも取れている」と語る。なぜ現場の疲弊を最小限に抑えることができているのか。その理由は山本らが、災害医療の発想を取り入れたことにある。コロナ禍を長期的な災害として捉えるのならば、通常の医療体制を維持するのは、まず不可能だ。

magSR210316_medical17.jpg

人間の肺の働きをする機械に、重症患者の体から取り出した血液を通して再び体に戻すECMO 毎日新聞社/AFLO

災害医療とは医療需要が、供給を上回る状態を意味する。今回は新型コロナという新しい需要が生まれたことで、通常時の体制は逼迫した。ここで取れる方策は2つある。1つは需要そのものを抑え込むことだ。感染拡大を防ぐための方策で、人と人との接触を避けるとか、クラスターを早期に発見するなどが該当する。緊急事態宣言はその最たるものだ。

もう1つは限られた医療資源をより効率的に配分すること。山本らの取り組みがそれだ。

地域全体を「総合病院」化

通常時の山本たちのチームは約10人だが、病院の協力も得て他科の医師たちが応援に入る体制をつくり、専門外も含めて医師の数は常時2倍に増えている。山本たち専門医の下に応援の医師がサポートに入るシステム、これは災害医療で二層式モデルと呼ばれるものの院内版だ。通常時のように専門医だけでチームを固めるのではなく、治療のキャパシティーを拡充するために、専門医+他科の医師でチームを再編成し、緊急時の治療に移行する。付いて回る批判は、「医療の質の低下」だが......。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

アングル:暗号資産で制裁逃れ、日本も対策前面に 国

ビジネス

気候変動の金融リスクに誇張、HSBC幹部発言が物議

ワールド

政府、男女賃金格差の開示義務化 今夏の施行目指す

ビジネス

台湾輸出受注、4月は2年ぶりに減少 中国の都市封鎖

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 5

    ロシア、ウクライナへ新型レーザー兵器投入 数キロ先…

  • 6

    ベトナムと韓国の歴史問題「棚上げ」の思惑はなぜ一…

  • 7

    あのグリーンピースがロシアに実力行使

  • 8

    「恥ずべきほど成果がない」 ロシア国営メディアが…

  • 9

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 10

    ついにロシア国営TV「わが軍は苦戦」、プロパガンダ…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 4

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 5

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 6

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 7

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 8

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 9

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 10

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月