最新記事

野生動物

アジアゾウの群れが大都市の目前に、警察など400人が警戒

Chinese City Taps Over 400 Emergency Responders to be on Alert as Elephant Herd Approaches

2021年6月9日(水)19時07分
ジュリア・マーニン
休むアジアゾウの群れ(ドローン撮影)

長旅に疲れ身を寄せ合って眠るゾウの群れをドローンが捉え、閲覧回数は2億回に達した(昆明、6月7日) China Daily/REUTERS

<中国雲南省で北上を続ける野生のアジアゾウ15頭が人口700万の大都市昆明に到達。ゾウを保護しながら人口密集地への侵入を防ぐ作戦とは?>

中国南西部・雲南省の省都昆明に、15頭のアジアゾウの群れが近づいている。「北上するアジアゾウの群れ」として、世界中のテレビで放送されている。現地でゾウの動きを監視する地域指令センターは、市当局が6月7日、緊急対応要員と警察関係者400人以上を警戒のために動員したと発表した。

この野生のゾウの群れは、1年以上前に雲南省南部の自然保護区を離れて旅を続けており、8日には昆明市郊外で目撃されたとAP通信は伝えた。周辺の住民は7日までに避難し、一帯には交通管制が敷かれ、何台もの車両と14機のドローンがゾウの監視にあたっている。

2トン分の食料も用意された。政府は。ゾウが近づいた場合は建物内に留まり、ゾウを見に行ったり大きな音で怖がらせたりしないよう市民に指示している。このような対策が取られるのは、中国ではゾウの保護が最優先されているからだ。

以下はAP通信によるリポートだ。

ゾウの話題がトレンド入り

謎の旅を続けるゾウは中国国内だけでなく、国際的なスターになろうとしている。

主な国際メディアは、1年以上前に中国南西部の雲南省の山岳地帯にある野生動物保護区を出発してから昆明の郊外に達するまで500キロのゾウの旅を詳細に報じている。

ツイッターとユーチューブには、ゾウの面白動画、特に灌漑用の側溝にすべり落ち、群れの大人のゾウに助けられる2頭の子ゾウの映像が山ほど投稿されている。

ユーチューブの動画には「私たちはこのゾウのようになるべきだ、もっと家族を大事にし、家族で休暇を取り、助け合い、互いに世話をし、守り合うべきだ」というコメントが寄せられた。

旅するゾウは中国のミニブログサイト新浪微博(シンラン ウェイボー)で、何日もトレンド入りを続けている。7日夜の時点で、家族が身を寄せ合うようにして休むゾウの群れの画像が2万5000点投稿され、閲覧回数は2億回に達した。

夜の街を速足で駆け抜けるゾウの群れの姿を防犯カメラがとらえ、十数機のドローンが上空から撮影している。当局は被害を最小限に抑え、ゾウと人間が共に安全な状態を維持できるように群れを監視している。

ゾウの群れは食べ物と水を求めて畑を荒らし、自動車販売店にも入り込んだ。老人ホームにも姿を現し、一部の部屋に鼻を突っ込んだため、高齢男性が急いでベッドの下に隠れたこともあった。

ニュース速報

ビジネス

NZ首相が豪訪問を延期、デルタ株感染拡大でシドニー

ワールド

インドネシアでコロナ病床逼迫、首都では病院の外にテ

ワールド

蘋果日報の廃刊巡るバイデン氏の発言、根拠がない=中

ワールド

香港政府ナンバー2に保安局長が昇格、締め付け強化と

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認されている

  • 2

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:シドニー

  • 3

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 4

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 5

    目先の利権を優先してきたインフラはもう限界...日本…

  • 6

    イスラエルが航空機搭載のレーザー兵器でブレイクス…

  • 7

    「私の娘はペットじゃない」犬と接するように孫に話…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    1億8000万年前から生き残るクモヒトデの新種が発見…

  • 10

    中国高官がアメリカに亡命の噂、ウイルス起源の証拠…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認されている

  • 4

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 5

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 6

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 7

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 10

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認され…

  • 9

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 10

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月