最新記事

教育

人生の「成功」を左右する子ども時代の読書活動

2021年6月9日(水)10時15分
舞田敏彦(教育社会学者)
子ども期の読書体験は重要

成功している人は、どんな子ども時代を過ごしたのか? Imgorthand/iStock.

<30〜40代男性の高収入層では、子ども時代によく本を読んだと回答する人の比率が飛び抜けて高い>

「成功している人は、どういう子ども期を過ごしたか?」。雑誌でこういう特集をよく見かける。子育て中の親は非常に関心があるだろうし、「こういう教育をしたら、こういう人間になる」とは、教育学の観点からしても興味深いテーマだ。

この手の主題に接近する場合、長期にわたる追跡調査をするのが望ましいが、費用や手間の点で現実的でない。そこで、大人の対象者に子どもの頃を振り返ってもらう回顧法がよく用いられる。やや古いが、2012年2月に国立青少年教育振興機構が実施した『読書活動が及ぼす効果に関する調査』では、成人5000人ほどに子ども期を振り返ってもらい、現在の地位や生活状況との関連を探っている。

この調査の個票データを使って、冒頭の問いにアプローチできる。30~40代の男性を年収によって3つのグループに分け(300万未満、300~749万、750万以上)、子ども期がどうだったかを比較してみる。この調査は、子ども期の読書活動が成人後の人生に及ぼす影響を明らかにすることを狙っている。<表1>は、小学校低学年時に7項目の読書活動を「何度もした」と答えた人の割合だ。

data210609-chart01.png

赤字は3つの群で最も高い数値だが、項目によって異なる。昔話、マンガは低収入層で最も高く、それ以外は高収入層の経験頻度が最も高い。

4番目の「本を読んだこと(マンガ以外)」は、高収入層の数値が飛び抜けて高い。読書が高い教育達成につながり高給の仕事に就けたのか、能力のある人が好んで本をたくさん読んだのか、因果経路は定かでないが、読書は成人後の成功可能性とつながっているかもしれない。勉強ができるようになるとかいう、せせこましいことではなく、物事の本質が分かるようになる。法律でも、「読書活動は、子どもが、言葉を学び、感性を磨き、表現力を高め、創造力を豊かなものにし、人生をより深く生きる力を身に付けていく上で欠くことのできないものである」と言われている(子どもの読書活動推進に関する法律第2条)。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

豪も外交ボイコット表明、北京五輪に政府高官派遣せず

ビジネス

米USTR代表、英国際貿易相と会談、鉄鋼・アルミ問

ビジネス

米半導体強化予算の議会通過、来年にずれ込む可能性=

ビジネス

三菱自、軽ワゴン「eKスペース」の生産を一時停止 

MAGAZINE

特集:真珠湾攻撃・日米開戦80年 戦争の記憶

2021年12月14日号(12/ 7発売)

キャスターとして戦争を伝えてきた櫻井翔が、海軍士官として戦没した大伯父の最期を追う

人気ランキング

  • 1

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続ける大型トラック

  • 2

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理想の教育とは

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    スペースXに「紛れもない破産リスク」 イーロン・マ…

  • 7

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 8

    パワーカップル世帯の動向──コロナ禍でも増加、夫の…

  • 9

    毎日30分の瞑想で認知症患者の脳に変化、認知障害予…

  • 10

    安倍元首相オンライン演説を台湾はなぜ歓迎しないの…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続ける大型トラック

  • 4

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 5

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 6

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 7

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 8

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 9

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理…

  • 10

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 3

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続…

  • 7

    大暴落の足音

  • 8

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 9

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 10

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月