最新記事

人権

日本の大学教員だった父を突然、中国当局に拘束されて

2021年6月9日(水)18時30分
袁成驥(えん・せいき)
北海道教育大の袁克勤教授

拘束されている袁克勤氏(左)と母、成驥氏(2017年7月)Courtesy Yuan Chengji

<北海道教育大の袁克勤(えん・こくきん)教授は2年前の2019年5月、帰省先の中国吉林省で長春市国家安全局に突然拘束され、その後2020年3月まで全く消息不明だった。現在は詳細不明のスパイ容疑をかけられているが、中国籍であるがゆえに日本政府も手が出せない。父を奪われた長男・成驥氏の慟哭と怒りの手記>

2019年5月29日、中国吉林省長春市内にある長春駅の近くで私の父、袁克勤は長春市国家安全局員によって突然身柄を拘束された。父はその4日前の5月25日に彼の母、つまり私の祖母の葬儀に参列するため中国へ一時帰国していた。突然の拘束は28日に無事に葬儀を終えて、日本へ帰国する途上での出来事だった。

葬儀の翌日29日に長春駅の駐車場に到着した父は、その場にいた私の母とともに、突如、国家安全局の男たちに囲まれて、頭から黒い袋を被せられ、その場で彼等の車に押し込まれて連行された。その後、父の身柄は長春市第3看守所へ送られ、母だけが拘束の3日後に解放された。

母はその後、国家安全局の指示を受けて日本へ一時帰国し、札幌の自宅に残っていた父のパソコンや電子機器類を持って再び中国へ戻った。その際に母は、父は病気の治療のため中国から戻ることができないのだと、北海道教育大学へ説明した。父の拘束について決して口外してはいけないと中国当局から脅されていた母は、そうする他なかったのだろう。

スパイの証拠は一切非開示

その後、1人で全てを隠すことに耐えきれなくなった母は父の親族へ拘束の事実を打ち明けた。それを知った父の親族は、父の逮捕や拘束を証明する書類の発行を中国当局へ求めた。それら証明書は、本来であれば法的に中国当局は発行する義務があるにも関わらず、申請は全て却下された。

父が拘束されてから、すでに2年以上が経っている。この2年間、私は父の顔を見ることも、父の声を聞くことも、一度も出来ないままでいる。そもそも、なぜ父が中国当局によって拘束されたのか、明確な理由すら未だに知ることが出来ていない。中国当局によれば、父は「スパイ容疑」で捕らえられたという。しかしながら、果たして父が具体的にどのようなスパイ行為をしたのかについて、当局からの説明は全くない。スパイ容疑を裏付けるような証拠なども一切開示されていない。あまりにも強引で一方的すぎる今回の拘束を、私は絶対に認めない。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

中国配車最大手の滴滴、米上場時の企業評価額600億

ビジネス

NZ首相が豪訪問を延期、デルタ株感染拡大でシドニー

ワールド

インドネシアでコロナ病床逼迫、首都では病院の外にテ

ワールド

蘋果日報の廃刊巡るバイデン氏の発言、根拠がない=中

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認されている

  • 2

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:シドニー

  • 3

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 4

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 5

    目先の利権を優先してきたインフラはもう限界...日本…

  • 6

    イスラエルが航空機搭載のレーザー兵器でブレイクス…

  • 7

    「私の娘はペットじゃない」犬と接するように孫に話…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    1億8000万年前から生き残るクモヒトデの新種が発見…

  • 10

    中国高官がアメリカに亡命の噂、ウイルス起源の証拠…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認されている

  • 4

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 5

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 6

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 7

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 10

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認され…

  • 9

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 10

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月