最新記事

インタビュー

米欧にも中露にも取り込まれない...ポーランド首相、独占インタビュー

POLAND AT CENTER STAGE

2021年7月30日(金)17時52分
ジョシュ・ハマー、マシュー・ティアマンド
ポーランドのモラウィエツキ首相

中間の国 独自の立場から発信するポーランドのモラウィエツキ首相 PIOTR MALECKI-BLOOMBERG/GETTY IMAGES

<東西のはざまで翻弄される中欧米。バイデン政権やデジタル課税についてモラウィエツキ首相が語ったポーランド独自の視点とは>

西にはドイツを中核として西欧的価値観を共有するEU圏、東にはウラジーミル・プーチンの陣取る絶対主義的なロシア圏。その中間に位置する諸国はずっと両陣営の綱引きに翻弄されてきたが、中でも民族主義色を鮮明に打ち出しているのがポーランドだ。

右派政党「法と正義」が政権を握り、2017年12月からはマテウシュ・モラウィエツキが首相を務める。西側の右派勢力には受けがいいが、リベラル派からは批判されがちな男だ。そんなモラウィエツキが5月27日、本誌ジョシュ・ハマーとポーランド系米国人ジャーナリストのマシュー・ティアマンドの単独インタビューに応じた。首相が米メディアの突っ込んだ取材に英語で応じたのは初めてだ。以下はその要約である。

――イギリスのEU離脱から半年たつが、EU内部には亀裂が残っている。EU本部の官僚主義には根強い反発があり、イタリアやスペインでは反EU派が勢いを増している。この先、もっと調和を重んじつつ統合を進めることは可能だろうか。それとも今の不安定な政治状況が今後も続くのだろうか。

ヨーロッパを1つの超大国にしたい、いわゆる「ヨーロッパ合衆国」をつくりたいと考える人もいるようだが、それはあり得ない。どのEU加盟国にも、それぞれのアイデンティティーや文化、言語や伝統があり、独自の気質があるからだ。

しかし同盟の強化は可能だ。「みんなの故郷ヨーロッパ」を目指せばいい。一部の大国がEUの超大国化を強引に進めても、加盟国間の摩擦や緊張が高まるだけで、1つの超大国にはなれない。

ただし域外の世界、グローバルな力を持つ大国に対して、とりわけ私たちの発展を邪魔しそうな東の大国に対しては共通の戦略を策定するべきだ。もちろん大西洋の両岸の同盟関係を維持しなければならない。そうすれば超大国になれる。ただし一部のEU官僚が信じているような画一的超大国ではない。

一方で私は、中国やロシア、イスラム圏といった外部の危険要素に対するEUの共通戦略は支持する。この点でも、当然ながらアメリカとの力強い連携が必要だ。

――中欧と東欧の12カ国による地域協力の枠組みである「三海洋イニシアチブ」が、いずれは西欧中心の枠組みへの政治的・経済的な対抗勢力になり得ると思うか? また、プーチン率いるロシアが東から分断圧力をかけてくるなか、三海洋イニシアチブの加盟国間の関係は維持できるのか?

私自身は、三海洋イニシアチブがEUの団結や強さに対抗する勢力だとは考えていない。むしろ逆だ。(先々代のローマ教皇)故ヨハネ・パウロ2世の言葉を借りれば、三海洋イニシアチブの諸国は今もヨーロッパの「機能していない、もう1つの肺」だ。西側の肺に比べて、東側の肺はまだまだ成長が遅れている。

ニュース速報

ワールド

河野氏「年金改革が必要」、岸田氏「消費税10年上げ

ワールド

焦点:重症化予防だけじゃない、米当局が追加接種を推

ビジネス

焦点:ファスナーもガラスもない、品薄が米経済回復の

ワールド

焦点:英コロナ対策、規制緩和と追加ワクチン依存政策

MAGAZINE

特集:歴史で読み解く台湾情勢

2021年9月21日号(9/14発売)

「世界一危険な場所」台湾の地域情勢を歴史・文化・軍事・技術から解き明かす

人気ランキング

  • 1

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の「仕事とお金」遍歴

  • 2

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 3

    家族を優しく守ってくれる「吠えない」大型犬

  • 4

    収奪的なオリンピック、包摂的なパラリンピック

  • 5

    コロナで急増した貯蓄をどう使うか...日本人の使い方…

  • 6

    3回接種が進んだイスラエルで感染爆発、4回目を準備

  • 7

    ダニエル・クレイグ版「007」完結作『ノー・タイム・…

  • 8

    医療用途を優先 酸素不足でロケット飛べず...NASA、…

  • 9

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 10

    イベルメクチンの売り上げが米で24倍に、コロナ治療…

  • 1

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 2

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 3

    7年前にソーラーパネル設置を断念した僕の後悔

  • 4

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 5

    【9.11】20年目の「新事実」テロ実行犯の2人は愛し合…

  • 6

    マスク不注意で搭乗拒否、激昂する客と石になる客室…

  • 7

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

  • 8

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

  • 9

    「ただ話を聞いてくれるだけ」の存在が、脳の老化を…

  • 10

    ハリケーン被害:洪水で流れてきたワニに庭で食われる

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由がようやくわかった

  • 3

    来日25年のフランス人が気付いた、日本の「あり得ない」裏の顔

  • 4

    韓国の繁華街、外国人旅行者に依存してきた明洞は一…

  • 5

    小さな子供がいる家庭にぴったり! 「優しい」性格が…

  • 6

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 7

    タリバンがブラックホークを操縦する異常事態、しか…

  • 8

    エヴァンゲリオン、美しく静かなラスト...ファンもこ…

  • 9

    無人島にたどり着いた日本人たちがたらふく味わった「…

  • 10

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月