最新記事

ワクチン

ショーン・ペン、撮影現場でコロナワクチン義務化を要求「そうでないなら出演拒否」

2021年7月26日(月)16時58分
猿渡由紀

撮影現場でのコロナワクチン義務化を要求したショーン・ペン REUTERS/Reinhard Krause

<ショーン・ペンが撮影関係者全員にワクチン接種を要求。そうでない限りテレビシリーズ「Gaslit」の撮影現場に戻らないと言い出した>

新型コロナウイルスのワクチン接種は強制できるのか、できないのか。曖昧な態度のまま先に進まないハリウッドに、ショーン・ペンが撮影関係者全員にワクチン接種を要求。全員がワクチンを打っている状況でないかぎり、「Gaslit」の撮影現場に戻らないと言い出したのである。NBCユニバーサルが制作する「Gaslit」は、ジュリア・ロバーツやダン・スティーブンスらが出演するテレビシリーズ。撮影はすでに始まっており、主役のペンが戻らないとなると、大変なことになる。

ペンがここまで強気な態度に出たことは、驚きでもあるが、これまでの彼の行動を振り返るとわからなくもない。アクティビストとして熱心な活動を行うことでも知られるペンは、L.A.のコロナ対策で大活躍したヒーローなのだ。

ハイチ地震が起きた2010年に彼が創設した非営利団体CORE(Community Organized Relief Effort)は、コロナパニックが起きてすぐ、L.A.で大規模なPCR検査ができるようすぐさま動き、あっというまに実現。L.A.は、たちまち、全米でトップクラスの検査数を誇るようになったのである。中心地の検査場までなかなか行けない、比較的貧しい人々が住むエリアにも足を運んだし、ニューヨークのアンドリュー・クオモ州知事からも手助けを求められて、クオモから「すべてが落ち着いたら食事を奢りたい」とまで感謝されている。

ワクチンが承認されてからも同じような行動力を見せ、彼とCOREは、できるだけ早く多くの人々にワクチン接種することに尽力した。カリフォルニアは6月15日から基本的にパンデミック前の日常が戻ったが、ペンなしでそれが実現できたとは到底思えない。

ワクチン必須を雇用条件に組み込んでもいいものか

だが、打ちたい人が全員打ってしまうと、接種のペースは突然落ちてしまったのである。ワクチンはたっぷりあり、予約なしでも打てる状況なのに、打ちたくない人があいかわらず拒否を続けるせいだ。そこへデルタ株が到来し、L.A.では再び感染が拡大。感染者の99%以上がワクチン未接種とあり、コロナを終わらせるにはこうした人たちにワクチンを打ってもらうしかないことは明白になっていた。

そんな状況下で、リベラルなハリウッド(ワクチン拒否派は圧倒的に保守が多い)では、ワクチン必須を雇用条件に組み込んでもいいものかの話し合いがなされてきている。その結果、つい最近、作品単位で、「ゾーンA」にいるクルーにはワクチンを義務付けることができるようになった。「ゾーンA」とは、俳優の至近距離。つまり、彼らと直接接する距離にいないクルーは、ワクチンをしなくても良いということだ。それに、あくまで作品単位であり、業界全体のルールではない。

それでは十分でないと、ペンは思ったのである。みんなの安全のためにはみんながワクチンを接種していることが大事と考えるペンは、一歩踏み込んで全員にそれを要求。さらに、COREが接種のお手伝いをするとも提案した(COREの申し出がなくとも、NBCユニバーサルもキャストとクルーに接種の手筈を整えており、そのための詳しい案内を出している)。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

スイス中銀、ツアブリュック副総裁が来年7月末退任へ

ビジネス

独鉱工業受注指数、10月は前月比-6.9% 予想以

ワールド

タイで初のオミクロン株感染、スペインから到着の米国

ワールド

ミャンマーのスーチー氏に禁錮4年の判決=関係筋

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった疑惑

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 7

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    幸せな生活を突き詰めた結果、行きついた「核シェル…

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 6

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 9

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 8

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 9

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 10

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月