最新記事

スポーツ

クラブ支配を盤石にしたUEFAだが、このままではいずれ破綻する運命だ

UEFA NEEDS REFORM

2021年7月30日(金)17時39分
ニコラス・クムレベン
チャンピオンズリーグを制したチェルシー

昨季のチャンピオンズリーグを制したイングランドのチェルシー。優勝はいつも欧州5大リーグのクラブだ MICHAEL STEELE-REUTERS

<欧州スーパーリーグを潰すことに成功した金満組織UEFAだが、自身の利益よりファンとクラブのために真剣に議論すべき時が来た>

欧州最強の文化的輸出品は何か。それはワインでもチーズでもない。世界で最も愛されるスポーツであるサッカーだ。

欧州のクラブチーム王者の座を争うチャンピオンズリーグ(CL)の決勝は、世界で約4億人がテレビ観戦する。アメリカンフットボール、NFLの優勝決定戦であるスーパーボウルの実に4倍だ。

ところが、これほどグローバルな成功を収めているのに、欧州サッカーは欧州経済と同様の問題に直面している。融通の利かない規制によって、企業と消費者の利益が損なわれている──サッカーの場合は、クラブとファンの利益だ。

それを象徴する出来事が、今年4月にあった。欧州各国で人気の高い12クラブが「欧州スーパーリーグ」の創設を発表したときのことだ。

CLに実質的に取って代わる大会という位置付けだけに、UEFA(欧州サッカー連盟)はこれを阻止する動きに出た。これに対してスペインの裁判所は4月に続いて7月1日にも、スーパーリーグ創設を邪魔しようとするUEFAの試みを認めないという判断を示している。

わずか48時間で頓挫した構想

しかしスーパーリーグ構想は発表直後に、欧州各国のサポーターや政界からの猛反発で頓挫していた。なかでも問題となったのが、創設に関わった12クラブを含む15クラブは、永続的に入れ替わることなく大会に参加できるという方針だった。

発表から最初のクラブが離脱を表明するまで、わずか48時間。この間にUEFAは、欧州サッカーの「守護者」であることを見せつけた。

確かにスーパーリーグ構想は穴だらけだった。だが各方面から一斉に反対されたからといって、重要な議論の場までつぶすべきではない。欧州サッカーには課題が山積している。特にUEFAについては、全面改革への真剣な議論が必要だ。

UEFAは度を越した金満組織だ。この10 年間、着実に収入を増やしている。とりわけ今シーズンは、コロナ禍のために1年遅れで開催された欧州選手権の売り上げを含めて、59億ドル近い収益が見込まれる。

だが金儲け以外の点で、UEFAが欧州サッカーを統括する手法はあまりにお粗末。その理由は、UEFAが2つの顔を持っていることだ。

UEFAの表向きの使命は、欧州サッカーの利益を守ること。だが一方で、この組織は世界でも指折りのイベントプロモーターだ。世界有数の人気スポーツイベントから収入を得て、自らの判断で分配できる。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

河野氏「年金改革が必要」、岸田氏「消費税10年上げ

ワールド

焦点:重症化予防だけじゃない、米当局が追加接種を推

ビジネス

焦点:ファスナーもガラスもない、品薄が米経済回復の

ワールド

焦点:英コロナ対策、規制緩和と追加ワクチン依存政策

MAGAZINE

特集:歴史で読み解く台湾情勢

2021年9月21日号(9/14発売)

「世界一危険な場所」台湾の地域情勢を歴史・文化・軍事・技術から解き明かす

人気ランキング

  • 1

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の「仕事とお金」遍歴

  • 2

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 3

    家族を優しく守ってくれる「吠えない」大型犬

  • 4

    収奪的なオリンピック、包摂的なパラリンピック

  • 5

    コロナで急増した貯蓄をどう使うか...日本人の使い方…

  • 6

    3回接種が進んだイスラエルで感染爆発、4回目を準備

  • 7

    ダニエル・クレイグ版「007」完結作『ノー・タイム・…

  • 8

    医療用途を優先 酸素不足でロケット飛べず...NASA、…

  • 9

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 10

    イベルメクチンの売り上げが米で24倍に、コロナ治療…

  • 1

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 2

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 3

    7年前にソーラーパネル設置を断念した僕の後悔

  • 4

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 5

    【9.11】20年目の「新事実」テロ実行犯の2人は愛し合…

  • 6

    家族を優しく守ってくれる「吠えない」大型犬

  • 7

    マスク不注意で搭乗拒否、激昂する客と石になる客室…

  • 8

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

  • 9

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

  • 10

    「ただ話を聞いてくれるだけ」の存在が、脳の老化を…

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由がようやくわかった

  • 3

    来日25年のフランス人が気付いた、日本の「あり得ない」裏の顔

  • 4

    韓国の繁華街、外国人旅行者に依存してきた明洞は一…

  • 5

    小さな子供がいる家庭にぴったり! 「優しい」性格が…

  • 6

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 7

    タリバンがブラックホークを操縦する異常事態、しか…

  • 8

    エヴァンゲリオン、美しく静かなラスト...ファンもこ…

  • 9

    無人島にたどり着いた日本人たちがたらふく味わった「…

  • 10

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月