最新記事

地球

波間に消えた第8の大陸「ジーランディア」、想定より5億年古かったことが判明

2021年9月2日(木)16時30分
青葉やまと

ジルコンの抽出は、花崗岩を物理的に砕くことから始まる。ある程度までは機械的にふるい分けることができるが、採集的には顕微鏡を覗き込みながら手作業での根気強い分類が必要となる。博士たちは窓のない地下室の研究室に閉じこもり、粒子が風で舞わないよう、ピンセットの先に鼻の脂をつけて分別作業を続けたという。

11億年前の地球の歴史

これまでの研究により、ジーランディアは超大陸から分離し、その後海底に消えていったことがわかっている。今から5億年ほど前、地球上にはゴンドワナ大陸と呼ばれる超大陸が存在した。ゴンドワナ大陸は今から3億年前の時点で北アメリカ大陸およびユーラシア大陸と衝突し、パンゲア超大陸を形成する。その後パンゲアは徐々に分裂し、現在の主要な大陸を形成していった。

今からおよそ8500万年前ごろになると、ジーランディアはこのパンゲア大陸から完全に分離する。米CNNはこの時点で、ジーランディアには豊かな熱帯雨林が広がり、恐竜たちが生息していたはずだと紹介している。そこから時を経て環太平洋火山帯(リング・オブ・ファイア)が出現するが、この時期にジーランディアの大部分が海底に消えていった。

近年ではジーランディアは独立した大陸として扱われつつあるが、10億年超という年齢が今回明らかになったことで、この認識にさらに強固な根拠が加わることになりそうだ。現在存在する他の大陸はすべて10億年以上前の古い岩石を含んでいるが、ジーランディアからのみこれまで検出されてこなかった。

ターンブル博士はGNS社のプレスリリースのなかで、「今回の新しい研究により、大陸のチェックリストすべてに印が入りました。私たち(ニュージーランドの人々)が大陸の上で暮らしているということに、もはや疑念はありません」と語っている。

今回の研究成果はまた、ゴンドワナよりもさらに古く約11億年前に形成されたとされる、ロディニア超大陸の変化を解き明かす手がかりにもなるという。地下室で砂粒をより分けた地道な研究が、壮大な地球の過去に光を投げかけることになりそうだ。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米政権の経済課題は「現代のサプライサイド経済学」=

ワールド

米、中国航空4社の44便を運航停止 中国の措置に対

ワールド

米19州・ワシントンでコロナ感染者減少、オミクロン

ビジネス

中国対抗と半導体投資増強の法案提出へ=ペロシ米下院

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

人気ランキング

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かんでいる 3次元でマップ化

  • 3

    おまけ狙いの爆買い男性に106食分を売った中国ケンタッキー、当局から正式に怒られる

  • 4

    消えた陸地、火山灰に覆われた滑走路... 衛星写真で…

  • 5

    オタク活動に注意? 芸能人を好きになり過ぎると「知…

  • 6

    飼い主に高速連続パンチを見舞う子猫 ネット民から…

  • 7

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

  • 8

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 9

    北京五輪には自前のスマホを持ち込むな、米加が選手…

  • 10

    北京五輪参加者に忍び寄る肛門PCR強制の恐怖

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う

  • 4

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 5

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 6

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 7

    通りすがりの女性に救われた子猫は「とんでもない場…

  • 8

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 9

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

  • 10

    英スーパー、ソーセージを成人用として販売 客は年…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 8

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 9

    「賃貸か、持ち家か」議論の答えは出ている

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年1月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月