最新記事

サイエンス

DNAに残された古代のウイルスの痕跡は「ジャンクDNA」ではない......細胞が免疫化されている

2021年9月14日(火)16時00分
松岡由希子

DNAに残された古代のウイルスの痕跡はウイルスへの感染防御に寄与している可能性がある Shutter2U -iStock

<古代のウイルスの痕跡はあらゆる動物のゲノムに残されており、何ら機能を持たない「ジャンクDNA」だと考えられてきたが、ウイルスへの感染防御に寄与している可能性があることが明らかに>

「内在性ウイルス様配列(EVE)」とは、ウイルスのゲノム配列が生物の生殖細胞系に感染することによって宿主ゲノムに内在化したことに由来するゲノム配列である。このような古代のウイルスの痕跡はあらゆる動物のゲノムに残されており、ヒトゲノムでは内在性ウイルス様配列が約8%を占めている。

これまで、内在性ウイルス様配列は、何ら機能を持たない「ジャンクDNA」だと考えられてきたが、ウイルスへの感染防御に寄与している可能性があることが明らかとなった。つまり、内在性ウイルス様配列は、意味があって、世代を超えて受け継がれ、そのまま残されてきたのだ。

恐竜時代に有袋類のDNAに組み込まれたボルナウイルスも

豪ニューサウスウェールズ大学(UNSW)の研究チームは、コアラ、ダマヤブワラビー、タスマニアデビル、スミントプシスなど、豪州で生息する有袋類13種35個体のDNAとRNAを分析し、2021年9月2日、ウイルス学のオープンアクセス科学ジャーナル「ウイルス・レボリューショ」でその研究成果を発表した。

これによると、サンプルとなったすべての個体で、ボルナウイルス、フィロウイルス、パルボウイルスからの内在性ウイルス様配列が見つかった。南アメリカ大陸とオーストラリア大陸がまだ陸続きであった恐竜時代に有袋類のDNAに組み込まれたボルナウイルスもあったという。

従来、ボルナウイルスは1億年前に進化したと考えられてきたが、ほぼすべての有袋類のDNAで見つかったボルナウイルスは1億6000万年前のものであった。

また、内在性ウイルス様配列の一部はRNAに転写されていた。このRNAはタンパク質へ翻訳されずに機能する「ノンコーディングRNA」で、遺伝子の転写の調整やウイルスに対する防御など、様々な細胞機能に役立っている。コアラでは、内在性ウイルス様配列の一部が、動植物の免疫系で用いられる「siRNA」や「piRNA」に転写されていることが確認された。

そのメカニズムはワクチン接種と似ている

研究論文の筆頭著者でニューサウスウェールズ大学の博士課程に在籍するエマ・ハーディング研究員は「動物のDNAは基本的にウイルス配列を取得している。そのメカニズムはワクチン接種と似ているが、世代を超えて引き継がれ、ウイルスの痕跡を保持することで、将来の感染に対して細胞が免疫化されている」と述べている。

ハーディング研究員は、有袋類を対象とした今回の研究成果をふまえ、「ヒトを含む他の動物でも同様のことが起こっているかもしれない」と考察する。DNAに内在するウイルスの痕跡をより詳しく調べることで、これらが我々をどのように防御しているのかを知る手がかりが得られるかもしれない。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

オミクロン株の明確な情報に2週間必要、米大統領にフ

ビジネス

寄り付きの日経平均は続落、オミクロン株への警戒感で

ワールド

米通商代表、ワクチン知財権やWTO改革巡り働き掛け

ワールド

フィリピン、入国禁止対象国を拡大 新変異型の対策強

MAGAZINE

特集:AI戦争の時代

2021年11月30日号(11/24発売)

人工知能を持つ戦闘マシンが自らの判断で敵を殺す ──「核より恐ろしい」新型兵器が現実の戦場に現れた

人気ランキング

  • 1

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 6

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 7

    「クイーンは4人の若者が共に抱いた夢だった」...メ…

  • 8

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 9

    韓国の新規感染者数が初の4000人超え。日本とは何が…

  • 10

    今度はディオールの写真を「人種差別」と吊し上げた…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 5

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 6

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 7

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 8

    勝海舟があっさり江戸城を明け渡した本当の理由 「無…

  • 9

    コーギー犬をバールで殺害 中国当局がコロナ対策で.…

  • 10

    恋の情趣・風雅・情事 ── 江戸の遊廓で女性たちが体現…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 6

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

  • 7

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 8

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 9

    時代に合わなくなったヒーロー「ジェームズ・ボンド…

  • 10

    背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月