最新記事

台湾情勢

台湾・尖閣への中国侵攻に、米軍と自衛隊はどう備えるべきか

POSSIBLE WAR OVER TAIWAN

2021年9月14日(火)17時30分
スコット・ハロルド(米ランド研究所上級研究員)、森 聡(法政大学教授)
自衛隊

写真は自衛隊員と迎撃ミサイル「PAC3」(2017年撮影) Issei Kato-REUTERS

<中国の台湾攻撃があれば、巻き込まれるのは避けられない。日本は長距離ミサイル増強を検討する必要があるだろう>

中国は十数年前から攻撃的姿勢を強めている。その脅威に最も直接的な形でさらされているのが台湾だ。

米インド太平洋軍のフィリップ・デービッドソン司令官(当時)は3月に上院軍事委員会で、台湾侵攻の脅威は「今後6年以内」に到来する恐れがあると証言した。2週間後、後任のジョン・アキリーノ次期司令官は「この問題は大方の見方よりもずっと近づいている」と警告した。

4月にはクリストファー・ドッド元上院議員、リチャード・アーミテージ、ジェームズ・スタインバーグ両元国務副長官がジョー・バイデン大統領の要請で台北を訪れ、台湾を守る姿勢をアピールした。中国が武力を行使しようとすれば、ほぼ確実に対抗措置に出るだろう。

この現状を踏まえ、アメリカの専門家は対中戦争の可能性に備えるよう同盟国に求めている。

日米同盟の防衛計画では、日本がどのようにして抑止力を強化するか、必要に応じて長距離ミサイルを保有し、防衛能力を向上させるかを検討の俎上に載せる可能性がある。

中国が台湾に侵攻すれば、日米両国はいや応なく紛争に巻き込まれることになりかねない。習近平(シー・チンピン)国家主席はアメリカのサイバー・宇宙ネットワーク、在日米軍やグアム駐留米軍、自衛隊や日本国内の施設への攻撃を指示することも考えられる。

さらに日米の防衛計画担当者は、尖閣諸島への同時侵攻の可能性も考慮する必要があるかもしれない。この問題では日米の優先度に差があり、同盟に亀裂が入る恐れもある。

【話題の記事】中国の戦闘機が、台湾上空に侵入するペースが過去最高に──危険な「火遊び」の代償

「戦力投射能力」への打撃

米軍と自衛隊は中国軍の攻撃から自分たちを守るためにも、台湾と尖閣に侵攻する中国軍に効果的に反撃し、撃退しなければならない。そのためには、中国軍の総合的な作戦遂行能力に打撃を加える必要がある。

中国軍の攻撃で致命的な損害を受けないように、米軍と自衛隊は軍事基地や施設などの強化とともに防空・ミサイル防衛を一体的に向上させ、受動的・能動的防御を強化する必要があるだろう。

ただし、攻撃を防ぐだけで反撃しなければ、中国軍に圧倒されかねない。中国が台湾と尖閣で軍事作戦を展開するために必要な「戦力投射能力」に打撃を加え、侵攻自体を不可能にするアプローチを検討すべきかもしれない。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

EU・イラン・ロシア、明るみ見通し示す 核合意再建

ビジネス

米サイバーマンデー売上高、前年比横ばいか 商品不足

ビジネス

米大手銀、オフィス復帰計画に変更なし オミクロン株

ワールド

米、オミクロン株対応へ用意 都市封鎖の再導入ないと

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 6

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 7

    韓国の新規感染者数が初の4000人超え。日本とは何が…

  • 8

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 9

    「クイーンは4人の若者が共に抱いた夢だった」...メ…

  • 10

    ワクチンが効かない?南アフリカ変異株「オミクロン…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 5

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 6

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 7

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 8

    勝海舟があっさり江戸城を明け渡した本当の理由 「無…

  • 9

    恋の情趣・風雅・情事 ── 江戸の遊廓で女性たちが体現…

  • 10

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 6

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 7

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

  • 8

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月