最新記事

軍事

「新・日英同盟」の始まりを告げる英空母「クイーン・エリザベス」来航が残した宿題

2021年9月21日(火)18時05分
秋元千明(英国王立防衛安全保障研究所〔RUSI〕日本特別代表、大阪大学大学院招聘教授)
英空母「クイーン・エリザベス」

英空母「クイーン・エリザベス」を背後に記者会見に臨む岸信夫防衛相(9月6日、横須賀) Kiyoshi Ota-Pool-REUTERS

<英国の新型空母「クイーン・エリザベス」は太平洋地域で初めて日米などと合同演習「パシフィック・クラウン21」を行った。しかし、派手な活動とは裏腹に同空母はいくつかの課題を抱えており、日本への航海そのものが壮大な実験だった。英国の狙い、日本に期待することとは何か>

英国の新型空母「クイーン・エリザベス」の艦隊が9月4日、英国の母港、ポーツマスから2万キロ以上の航海を経て、日本に来航した。空母は4日間、横須賀の米軍基地の桟橋に接岸していたが、その姿を一目見ようと港の周辺には毎日大勢の艦船ファンが押しかけ、カメラを向けていた。

「クイーン・エリザベス」の日本来航については大手のメディアでも批判的な論調はほとんどなく、むしろこれを歓迎する意見のほうが多かったように思う。日英同盟の復活という歴史ロマンを感じるからなのか、見慣れた米軍以外の新しいパートナーの出現に新鮮味を覚えるためなのか、その来航は安全保障協力の域を越え、日英友好のために一役買ったと言えよう。

「クイーン・エリザベス」がインド太平洋に初めて展開する外交的な意義については今年3月16日、寄稿した「英国は日本を最も重視し、『新・日英同盟』構築へ──始動するグローバル・ブリテン」の中で詳しく述べているので、ここでは同空母が直面する課題と日本の役割について述べてみたい。

akimoto20210921queenelizabeth-2.jpg

英空母「クイーン・エリザベス」艦上の戦闘機F35B(2019年) Royal Navy

パシフィック・クラウン演習

「クイーン・エリザベス」の艦隊は5月に英国を出港した後、地中海やアデン湾、インド洋、南シナ海で周辺の同盟国、友好国と多くの合同演習を行ってきた。そのハイライトとも言える演習が、8月から9月にかけて東シナ海から日本の関東沖で4回に分けて実施された日本・英国・米国・オランダ・カナダの多国間演習、「パシフィック・クラウン21」である。

この演習は日英米が太平洋地域で行う初めての海空の合同演習で、日本からは海上自衛隊と航空自衛隊が参加した。演習の最大の目的は、参加国同士が協力して作戦を行う相互運用性(Interoperability)を試すことであったが、特に注目されたのは関東沖で行われた演習に米海兵隊と英国空軍のF35Bと航空自衛隊のF35Aという最新型の同型の戦闘機がそろって参加したことだ。

F35は第5世代の戦闘機と言われ、その高いステルス性能に加えて、同盟国や友好国の同型機との間で、レーダーや各種のセンサーで得た情報を共有できるネットワーク機能を備えており、航空戦の歴史に革命をもたらすとまで言われている。

今回の演習で日英米のF35が初めて合同の飛行訓練を行ったが、日本近海の洋上での航空作戦についてどのような知見を得ることができたのか注目される。

このように英空母「クイーン・エリザベス」のインド太平洋への展開は多くの成果を挙げてはいるが、その活動の多くがこれまで経験のない実験的な試みである点は指摘しておかなくてはならない。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米サーモフィッシャー製コロナ検査キット、新変異株を

ワールド

米、オミクロン株に十分な対応の用意 ワクチン開発加

ワールド

28日の米空港保安検査数、2020年2月以来の高水

ビジネス

欧州、新変異株に対応可能 過去の感染波から学ぶ=E

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 6

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 7

    韓国の新規感染者数が初の4000人超え。日本とは何が…

  • 8

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 9

    「クイーンは4人の若者が共に抱いた夢だった」...メ…

  • 10

    ワクチンが効かない?南アフリカ変異株「オミクロン…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 5

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 6

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 7

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 8

    勝海舟があっさり江戸城を明け渡した本当の理由 「無…

  • 9

    恋の情趣・風雅・情事 ── 江戸の遊廓で女性たちが体現…

  • 10

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 6

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 7

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

  • 8

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月