最新記事

軍事

「新・日英同盟」の始まりを告げる英空母「クイーン・エリザベス」来航が残した宿題

2021年9月21日(火)18時05分
秋元千明(英国王立防衛安全保障研究所〔RUSI〕日本特別代表、大阪大学大学院招聘教授)

akimoto20210921queenelizabeth-3.jpg

(左から)オランダ海軍のフリゲート艦エヴァーツェン、海上自衛隊の護衛艦いずも、英海軍の駆逐艦ディフェンダー、英空母クイーン・エリザベス、カナダ海軍のフリゲート艦ウィニペグ、海上自衛隊の護衛艦いせ、英海軍の給油艦タイドスプリング(9月9日) Royal Navy

そこで、航空戦力を補完するためにとられた苦肉の策が米軍との「相互交換性(Interchangeability)」であった。

これまで西側の同盟国の軍隊は互いの交流を深め、共同の作戦能力を獲得することを目的とした「相互運用性(Interoperability)」の向上に努めてきた。それに対して、「相互交換性」は、相互運用性をさらに拡大して、同盟国が互いに保有する装備や兵士を融通し合い、戦力を補完し合うという効率的な軍隊の運用方法であり、NATOが近年検討しているものだ。

つまり、米国本土から派遣された米海兵隊のF35Bの部隊は相互交換性を実現するため、言い換えれば英国の航空戦力の穴を埋めるために、英国軍の指揮下で空母艦載機として活動しているのである。実際の作戦任務で相互交換性が試されるのはこれが初めてであり、「クイーン・エリザベス」のアジアへの展開は相互交換性の初めての実証実験の場と言えよう。

早期警戒能力

今回の展開にあたってもう一つの重要な実験は、空からの脅威に対処する早期警戒能力の向上である。一般的に言って、海軍部隊にとっての脅威は戦闘機やミサイルなど空からの脅威と潜水艦による水中からの脅威、それに水上艦による脅威の三つに大別される。

このうち、空からの脅威に対しては、米国では空母に早期警戒機を搭載し、艦隊の上空に早期警戒機を配置することによって、水平線の彼方から接近する脅威に対処している。ところが、英国の空母は固定翼機を発進させるカタパルトを装備していないため、固定翼の早期警戒機を搭載することができない。

そのため、1982年のフォークランド紛争での英国海軍の艦隊は早期警戒能力が十分ではなく、ミサイル攻撃を受けて駆逐艦一隻を失った。

それ以来、英国海軍はヘリコプターに早期警戒用のレーダーを載せることによって対処してきた。特に、「クイーン・エリザベス」の運用にあたっては、搭載しているヘリコプター「マーリン」に装備するため「クロウズネスト」と呼ばれる最新型の早期警戒システムを開発し、運用する予定だった。

ところが、「クロウズネスト」は開発段階で技術上の問題に直面したため、配備が大幅に遅れ、運用の開始予定も2021年9月にまでずれ込んでしまった。

それでは「クイーン・エリザベス」のアジア展開に間に合わないため、軍事産業はなんとか間に合わせようと初期のシステムを急きょ作り上げ、出港直前の2021年4月に納入したのである。したがって、「クロウズネスト」は配備されたとはいえ、まだ試験運用の段階にある。

このように「クイーン・エリザベス」は完全な作戦能力を保有しないまま日本へ向けた長い航海に臨んだのであり、逆に言えば、英国はそうまでしてインド太平洋への関与や日本との関係の強化を重視しているのである。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

フィンランド、21日にロシアからのガス供給停止 代

ビジネス

ハイイールド債発行の中国不動産会社、約3割が今年デ

ワールド

タイ、6月からナイトクラブの規制解除へ コロナ新規

ワールド

EU首脳、ウクライナ再建基金で合意へ 資金調達は不

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 5

    ロシア、ウクライナへ新型レーザー兵器投入 数キロ先…

  • 6

    ベトナムと韓国の歴史問題「棚上げ」の思惑はなぜ一…

  • 7

    あのグリーンピースがロシアに実力行使

  • 8

    「恥ずべきほど成果がない」 ロシア国営メディアが…

  • 9

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 10

    ついにロシア国営TV「わが軍は苦戦」、プロパガンダ…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 4

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 5

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 6

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 7

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 8

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 9

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 10

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月