最新記事

トルコ

男性だけのお客様、予約しても泊まれません...トルコ・ホテル業界の慣習が物議

2021年9月28日(火)17時13分
青葉やまと

トルコのホテルで男性ゲストへの予約拒否が発覚し問題に (写真はイメージ)Kemal Yildirim-iStock

<男性1人または男性同士の旅行客は、トルコの一部ホテルから門前払いを受けるかもしれない>

シルクロードの要衝として栄え、歴史的に洋の東西から文化を吸収してきたトルコ。オリエンタルな情緒漂う地として、海外から訪れる旅行客たちを魅了してきた。

美しいモスクが並ぶイスタンブールや奇岩で有名なカッパドキアなどの景勝地のほか、ケバブやトルココーヒーなど名物が五感を刺激する。遺跡見学や熱気球での空中散歩などスケールの大きなアクティビティも人気となっており、パンデミック収束後の旅行先としての期待も高い。

非日常を満喫できるはずのそんなトルコで、現地独自の隠れた取り決めが問題となっている。多くのリゾートホテルが女性の同伴のない男性客の宿泊を断っており、単身の男性および男性同士の旅行者が門前払いを食らうケースが多発している。宿泊場所がなくなっては観光どころではなく、現地を訪れた海外客に困惑が広がる。

男性ゲストへの予約拒否が発覚

本件は旅行情報サイト『ワン・マイル・アット・ア・タイム』(以下「OMAT」)が報じた。これを豪大手ニュースサイト『news.com.au』やニュージーランドおよびイギリスの大手紙などが取り上げたことで、国際的な注目を集めている。

問題の発端となったのは、トルコ南西部の高級リゾートホテルだ。エーゲ海に面したボドルムに位置する「ルージョ・ホテル・ボドルム」は、9つのレストランやスパなどを備え、各種予約サイトでは家族連れやカップルなどのゲストから非常に高い評価を得ている。

現在、ロシアなど一部の国は、トルコ向けの海外ツアーを再開している。そこで、ある旅行者が男性2名のために計1室を予約しようとしたところ、予約手続き中にシステムから拒否される事態となった。画面には「単独の男性のお客様向けにお部屋を予約することはできません」と表示されたという。メッセージは続けて「もし予約された場合、ホテルは無条件でキャンセルする権利を有します」とも主張しており、厳格な姿勢をうかがわせる。

ホテルの予約サイト上のメッセージを引用すると、「Reserving a room for an individual male guest is not possible」と述べている。男性同士の同室にはとくに触れず、男性1名向けの予約はできないと述べる内容だ。男性の同室のケースについて改めてOMAT誌が問い合わせたところ、ホテル側は「あいにく男性2名の同室はお断りしております」と回答した。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

EU、HSBCなど4行に外為不正操作で3.4億ユー

ビジネス

トヨタ、小型セダンのEVを中国に来年投入 BYDの

ビジネス

米国株式市場=反発、オミクロン株による影響消化

ビジネス

NY外為市場=ドル上昇、雇用統計控え上値は限定的

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 6

    「人魚の財布」からトラフザメが出てくる瞬間

  • 7

    「1日1回食事する犬は加齢性疾患のリスクが低い」と…

  • 8

    「小さな死のリンゴ」 下に立つだけで有害、ギネス…

  • 9

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 10

    教員の給与を改善しなければ、優秀な人材を教育現場…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 5

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 6

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 7

    大暴落の足音

  • 8

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 6

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 7

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月