最新記事

トルコ

男性だけのお客様、予約しても泊まれません...トルコ・ホテル業界の慣習が物議

2021年9月28日(火)17時13分
青葉やまと

宿泊拒否の理由を説明するよう予約者が求めると、ホテル側は「男性は騒ぎすぎて問題を起こすとみなされているため」と回答したという。性差別的な認識であるとみられるのに加え、OMAT誌は「このホテルはゲストに対し矛盾した態度を取っている」と問題点を指摘する。同ホテルはウェブサイト上で、立地がビーチのナイトクラブに近いことを強調し、クラブで楽しんだあとは「どうぞご自身の(宿泊室の)テラスとバスタブでパーティーを続けてください」と促している。

同様の宿泊ポリシー、トルコの高級ホテルでは一般的

男性客に対して厳しい予約ポリシーを設けているのは、このホテルに限った話ではない。女性の同伴のない男性のチェックインを認めないホテルは、トルコ国内で100軒を超える。宿泊に女性同伴を求める慣習が定着している国は、世界でも極めて例外的だ。

現地旅行業界に詳しいというある人物はニュージーランド・ヘラルド紙に対し、「トルコの高級ホテルのほとんどが似たようなポリシーを持っている」と明かす。同紙はロシア系のツアー会社が取りまとめた男性のみの宿泊を断るホテルのリストを入手している。その数は高級リゾートホテルを含め、トルコ国内で168軒を数える。

問題のリストには、世界的ホテルグループのヒルトン・ワールドワイドが展開する「ダブルツリーbyヒルトン」ブランドの2軒が含まれていた。ヒルトンはヘラルド紙に対し、当該の方針はヒルトンとしてのポリシーに反するものであり、2つのホテルの状況を調査すると回答した。リストはオンラインで一般にも公開されていたが、情報が最新ではなかったとして現在は公開を停止している。

ホテルの真意、同性愛差別ではなく女性保護か

このような対応は一見したところ、男性の同性愛者を避ける目的のようにもみられる。ニュージーランド・ヘラルド紙は、男性2名での宿泊を拒否されたゲストたちが「この不愉快な状況により、彼は同性愛の旅行者たちを差別するというホテルの方針なのだと考えるようになった」と述べ、ゲストの落胆した様子を伝えている。

一方で同紙は、トルコには一部保守的な地域があるものの、隣のシリアに比べればはるかにオープンな気風だとも解説する。とくに海外から多くのリゾート客を迎えているボドルムは、リベラルな価値観で有名だ。

トルコ在住でありLGBTQの活動家であるというある女性は、こうした宿泊ポリシーは同性愛と関係のないものだと説明している。現地では単身の男性客たちによる迷惑行動が問題化しており、各高級ホテルは対応に苦慮しているのだという。トルコはロシアやその他海外からの旅行先として人気であり、独身男性がロシア女性やその他海外からの女性を狙ってつきまとうケースが頻発している。これを避けるためにポリシーが作られるようになったのだという。

ホテル以外でも多くのバーが同様のポリシーを掲げており、女性の来店者に対するハラスメントを防いでいる。女性は「非常にアンチ・ゲイ的かつ偽善的」に感じられてしまう点を認めたうえで、それでもより良い手段のない現状は、このルールのおかげで平穏な時間を過ごせていると述べる。

女性が安心して滞在するための措置であるとの意見に納得する人々がいる一方で、男女差別的だとの批判も起きている。ある読者はOMAT誌の記事に対し、「独身男性は性犯罪の傾向があるとする認識を広め、さらには、こうした男性たちはポリシー不在の状況においては性犯罪に走るとの考えを暗に示すものだ」とコメントし、不快感を示した。

旅先で羽目を外しすぎたゲストたちが招いたルールのようだが、かえって性差別的だとして海外からの旅行客のあいだで困惑が広がっている。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

アングル:ビットコイン天国のカザフ、デモ契機に揺ら

ワールド

アングル:オミクロンでも集団免疫は困難か、「変異」

ワールド

アングル:欧州でインフル復活の兆し、「ツインデミッ

ビジネス

米GM、ミシガン州のEV工場に65億ドル超投資へ=

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

人気ランキング

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総なめしているワケ

  • 3

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 4

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 5

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 6

    今も自然界と人体に「発がん物質」を残す、モンサン…

  • 7

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

  • 8

    消えた陸地、火山灰に覆われた滑走路... 衛星写真で…

  • 9

    「非常に珍しい」双子のアフリカゾウが見つかる

  • 10

    飼い主に高速連続パンチを見舞う子猫 ネット民から…

  • 1

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 4

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 5

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 6

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

  • 7

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 8

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 9

    通りすがりの女性に救われた子猫は「とんでもない場…

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 8

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 9

    「賃貸か、持ち家か」議論の答えは出ている

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年1月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月