最新記事

動物

リス一匹一匹に性格があった 「大胆なリス」「社交的なリス」...米研究で解明

2021年9月29日(水)17時00分
青葉やまと

リスにもさまざまな個性があった spoonworks-iStock

<野生のリスに、大胆さや社交性など4つの軸で分類できる性格が。生き方や生存率などに影響するという>

すばしっこく野山を駆け回ったり、餌を見つければ頬袋に詰め込んで愛らしい表情を披露したり。リスといえばこんなイメージが強いが、実は一匹一匹にさまざまな個性があるようだ。最新の研究者によると、そのタイプは4つの軸で分類できるという。

研究を行なったのは、米カリフォルニア大学デービス校(UCデービス)で野生動物の生態学を研究するジャックリン・アリパーティ博士らのチームだ。チームは3年を費やし、中部コロラド州のロッキー山脈で野生のリスを観察・研究した。この高地にはロッキー山脈生態学ラボが運営されており、周囲を大自然に囲まれた環境のなかで、30年以上に渡って野生生物の研究が行われている。

チームが研究対象に選んだのは、なかでも北米の山間いで広くみられるキンイロジリスだ。個体ごとにどれだけ近づけるかを試したり、新しい環境への適応性を観察したりといったテストを行った。結果、リスたちは「大胆さ」「活動レベル」「攻撃性」「社交性」の4つの主だった特徴について、個体ごとに違った傾向を示すことがわかった。これらはエサの発見や繁殖などの行動にも影響を与えているとみられる。

研究成果は論文として発表され、9月10日付で動物行動科学の学術誌『アニマル・ビヘイビア』に掲載された。

リスの個性、どうやって測った?

動物の性格とは何とも数値化しづらいように思えるが、アリパーティ博士たちはどのように実験を進めたのだろうか? チームは実験にあたり、現在標準化が進んでいる4つの行動テストを採用した。1つ目は「新環境」テストと呼ばれるもので、野生のリスを用意された箱のなかに入れて反応を観察する。箱の床には人工的な罫線が引かれ、さらにリスの体の大きさほどの穴が空いている。穴のなかをどの程度探索するかなどを観察し、見慣れぬ環境に置かれた際の大胆さと活動レベルを判定した。

2つ目は鏡を見せる「ミラー」テストだ。リスは鏡像を自身だと認識できないため、鏡越しに他の個体がいるような状態となる。このテストでの反応から、他者に対する社交性と攻撃性を推定することができる。

このほか、野外において人間がどのくらいの距離まで近づけるかを計測する「逃避自発性」、傷つけないよう配慮された罠で捕らえ反応を短時間観察する「トラップ内行動」とあわせ、計4つのテストにより特性を数値化していった。

大胆なリスほどエサを得やすいが......

観察を進めるにつれ、リスの個体ごとに違った個性があり、さらにこの個性が行動パターンや生存率などに影響しているらしいことがみえてきた。

例として大胆さの指標が高いリスほど、活動の中心となるコアエリアが広い傾向にある。また、大胆かつ攻撃性もあるリスでは、移動速度が速いことが確認された。こうした個体はより広い縄張りを確保でき、より多くの餌にありつく可能性が高い。反面、危険を顧みない行動によって天敵に見つかってしまったり、事故に遭ってしまったりする危険性が上がることとなる。

さらに、大胆・攻撃的・活動的と3要素が揃うリスは、岩など見晴らしの良い地点に好んで滞在する傾向が出ている。このような地点は天敵を見つけ出すのに最適であるため、こうした積極的な性格のリスは生存競争において利点があるはずだと研究チームは考えている。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

米国株式市場=反発、オミクロン株による影響消化

ビジネス

NY外為市場=ドル上昇、雇用統計控え上値は限定的

ワールド

原油先物1%超上昇、OPECプラスの増産維持で荒い

ワールド

米欧がベラルーシに追加制裁、移民問題で 英加も連携

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 6

    「人魚の財布」からトラフザメが出てくる瞬間

  • 7

    「1日1回食事する犬は加齢性疾患のリスクが低い」と…

  • 8

    「小さな死のリンゴ」 下に立つだけで有害、ギネス…

  • 9

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 10

    教員の給与を改善しなければ、優秀な人材を教育現場…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 5

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 6

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 7

    大暴落の足音

  • 8

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 6

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 7

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月