最新記事

山火事

米西海岸の大規模火災、原因は放火だった? 

2021年10月6日(水)15時40分
青葉やまと

状況を考慮し、通常よりも重い最大9年の実刑判決が下る可能性がある REUTERS/Brittany Hosea-Small

<カリフォルニア州北部で9月下旬、今年最悪レベルの山林火災が発生。発火装置を所持した容疑者の身柄が確保され、放火説が濃厚に>

米カリフォルニア州北部、豊かな自然と野生生物に囲まれたレディングの郊外で9月22日、大規模な森林火災が発生した。高気温、乾燥、強風という条件を受けて火は勢いを増し、およそ34平方キロメートルが焼失した。

カリフォルニア州森林保護防火局(カルファイア)など1800名の作業員が消火活動にあたり、12日ほどを経ておおかた鎮火している。一時は2000棟を超える建物への延焼が懸念される事態となり、カリフォルニア州知事が現地シャスタ郡を対象に非常事態を宣言した。米NBCは延焼中の9月28日、「同州で今年最も破壊的な火災のひとつになりつつある」と報じた。

この火災について、出火原因が熱波による自然出火ではなく、放火によるものだった可能性が浮上している。カルファイアは10月1日、同州パロアルト在住の30歳女性が放火行為を行なった疑いがあると発表した。女性は勾留・起訴されている。

出火地点付近で不審な人物を目撃

本件の出火日当日、現地企業の従業員が不審な行動を目撃していた。ワシントン・ポスト紙によると9月22日、レディング北部の石切場付近で木々が燃えているのが目撃され、調査のためカルファイア職員が現場に駆けつけた。

石切場の労働者に聞き取りを実施したところ、出火当日の朝9時ごろに場内に白人女性が不法に侵入し、不審な行動をしていたとの証言を得た。私有地に立ち入っている旨を現場監督が警告したが、女性は無視したという。女性はCO2カートリッジと乾電池を投棄して立ち去った。カルファイア職員が女性を捜索したものの、その時点では発見に至っていない。

当日夜になると付近で再び火の手が上がり、後にフォーン・ファイアと名付けられる大規模な森林火災に発展する。現場でカルファイアが消火活動にあたったが、消火活動中の職員らに助けを求めた人物がいた。日中に不審行動が目撃されていた、問題の女性だ。サンフランシスコ・クロニクル紙は、彼女が脱水症状を訴えていたと報じている。

「発火装置」を所持

体調に問題がないことをカルファイア職員が確認し、女性の身柄は応援に駆けつけた警官に引き渡された。警察がポケットとショルダーバッグを検査したところ、ライター、圧縮CO2のカートリッジ、および白いケースが発見された。ケースについて女性は、電池を抜いて作った「発火装置」だと説明している。ケース内からは「葉からできた緑色の薬物」が確認された。女性は薬物を当日使用したと認めている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米当局、オミクロン流入は不可避と認識 南アなど対象

ワールド

南ア、ワクチン接種の義務化検討 規制強化は見送り

ワールド

オミクロン株、世界各地に広がる 各国で対策強化の動

ワールド

オミクロン株、他の変異株より重症引き起こすのかまだ

MAGAZINE

特集:AI戦争の時代

2021年11月30日号(11/24発売)

人工知能を持つ戦闘マシンが自らの判断で敵を殺す ──「核より恐ろしい」新型兵器が現実の戦場に現れた

人気ランキング

  • 1

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 6

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 7

    「クイーンは4人の若者が共に抱いた夢だった」...メ…

  • 8

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 9

    韓国の新規感染者数が初の4000人超え。日本とは何が…

  • 10

    今度はディオールの写真を「人種差別」と吊し上げた…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 5

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 6

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    勝海舟があっさり江戸城を明け渡した本当の理由 「無…

  • 9

    コーギー犬をバールで殺害 中国当局がコロナ対策で.…

  • 10

    恋の情趣・風雅・情事 ── 江戸の遊廓で女性たちが体現…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 6

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

  • 7

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 8

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 9

    時代に合わなくなったヒーロー「ジェームズ・ボンド…

  • 10

    背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月