最新記事

うつ病に治療のための、新たな脳深部刺激療法が開発される

2021年10月8日(金)17時30分
松岡由希子

うつ病に関与する脳部位は患者によって異なるとみられるため、従来の脳深部刺激療法は難しかった (Ken Probst/UCSF)

<うつ病の症状に関連する脳部位に神経刺激装置を埋め込んで電気刺激を与えるという「治療抵抗性うつ病」の新たな治療法の原理証明に初めて成功した>

米カリフォルニア大学サンフランシスコ校の研究チームは、うつ病の症状に関連する脳部位に神経刺激装置を埋め込んで電気刺激を与えるという「治療抵抗性うつ病(TRD:抗うつ薬に反応しないうつ病)」の新たな治療法の原理証明(PoP)に初めて成功した。

その研究成果は2021年10月4日に生物医学ジャーナル誌「ネイチャーメディシン」で公開されている。

うつ病に関与する脳部位は患者によって異なるとみられる

脳深部に電極を埋め込み、電気刺激を継続的に送り込むことによって症状の改善をはかる「脳深部刺激療法(DBS)」はパーキンソン病などの不随意運動疾患の治療に用いられ、うつ病をはじめとする精神疾患への適応についても研究がすすめられてきた。

しかし、うつ病に関与する脳部位は患者によって異なるとみられるため、一定の電気刺激を単一の脳領域にのみ送り込む従来の脳深部刺激療法の治療効果は、限定的なものにとどまっている。

そこで、研究チームは、うつ病の発症を示す脳活動の特殊なパターンを発見し、「神経系バイオマーカー」となるこのパターンを認識したときだけ反応するよう、従来の脳深部刺激療法用医療機器をカスタマイズした。これにより、脳回路の様々な領域を刺激でき、うつ病を引き起こす脳や神経回路への治療を患者ごとに行うことができる。

Personalized Deep Brain Stimulation Therapy (DBS)


研究チームは、アメリカ食品医薬品局(FDA)の治験用医療機器適用免除(IDE)のもと、2020年6月、長年「治療抵抗性うつ病」を患っている女性の脳にこの医療機器を埋め込んだ。電極リードの一方を「神経系バイオマーカー」と特定された脳部位に、他方を気分症状が最もよく緩和したうつ病脳回路に挿入したという。

その結果、女性患者のうつ病の症状は直ちに緩和され、その効果は15ヶ月間にわたって持続した。効果が現れるまでに4〜8週間を要する従来の「脳深部刺激療法」に比べ、大幅に早く症状を緩和できることが示された。

「従来の精神医学では患者ごとにパーソナライズ治療はできなかった」

研究論文の筆頭著者でカリフォルニア大学サンフランシスコ校のキャサリン・スキャンゴス医学博士は「うつ病患者にカスタマイズした治療を届け、症状を緩和できた。従来の精神医学では、このように患者ごとにパーソナライズした治療はできなかった」と述べている。

この治験にはすでに2名の患者が登録しており、さらに9名を加え、うつ病の発症を示すパターンに関与する脳回路は患者によってどのように異なるのか、治療を継続するにつれてこの脳回路は変化するのかどうか、解明していく方針だ。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

原油先物1%超上昇、OPECプラスの増産維持で荒い

ワールド

米欧がベラルーシに追加制裁、移民問題で 英加も連携

ワールド

米政権、オミクロン対策発表 自宅検査無料化など 封

ビジネス

FRBの金融政策正常化を支持=リッチモンド連銀総裁

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 6

    「人魚の財布」からトラフザメが出てくる瞬間

  • 7

    「1日1回食事する犬は加齢性疾患のリスクが低い」と…

  • 8

    「小さな死のリンゴ」 下に立つだけで有害、ギネス…

  • 9

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 10

    教員の給与を改善しなければ、優秀な人材を教育現場…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 5

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 6

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 7

    大暴落の足音

  • 8

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 6

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 7

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月