最新記事

ブルーオリジン

カーク船長の宇宙飛行に黒い疑惑──生命を尊重する『スタートレック』とは大違い?

Ex-Blue Origin Communications Head 'Worried We're Becoming Ferengi of Our Own Story'

2021年10月13日(水)16時49分
アイラ・スリスコ
ニューシェパードの乗組員(左から2番目がシャトナー)

ブルーオリジンの宇宙船でシャトナー(左から2人目)を含む4人の民間人が宇宙をめざす YouTube-Reuters

<『スタートレック』のカーク船長ウィリアム・シャトナーの搭乗で話題のブルーオリジンの宇宙船打ち上げに、元社員ら21人が内部告発>

ジェフ・ベゾスが経営する民間宇宙企業ブルーオリジンが、SF人気シリーズ『スタートレック』のカーク船長を宇宙に送る準備をするなか、同社の元社員アレクサンドラ・エイブラムスは、人類は「現実というドラマにおけるフェレンギ(スタートレックに登場する貪欲な異星人)のような存在になろうとしている」と警告した。

宇宙船エンタープライズ号のジェームズ・T・カーク船長役で有名な俳優ウィリアム・シャトナーは今まさに「新しい生命と文明を求め人類未踏の宇宙に勇敢に航海」しようとしている。13日に打ち上げ予定のブルーオリジン社の有人宇宙船「ニューシェパード」に搭乗し、成功すれば今年90歳になる彼は宇宙飛行をした最高齢の人物になる。

だがブルーオリジンの元社員で従業員コミュニケーション担当責任者だったエイブラムスは、この無謀な企ては、人間がフェレンギのようになってしまった証拠だと言う。フェレンギとは、『新スタートレック』から登場する異星人で、耳は大きく頭はでこぼこ、そして金儲けを何よりも優先する拝金主義が特徴だ。

金儲け主義を批判

「宇宙船ニューシェパードの打ち上げが成功することを心から願っている。私は『スタートレック』を見て育ち、2019年にワシントン州ケントにあるブルーオリジン本社を訪れたシャトナーを、ベゾスが案内したときのことを覚えている」と、エイブラムスはCNBCの記者マイケル・シートが入手した最近の声明の中で述べた。

「シャトナーは、自由と生命を尊重するスタートレックの「惑星連邦」の象徴だが、現実のわれわれはまるで逆だ」と、彼女は書く。「人類は、この現実において、フェレンギのような生き物になろうとしているのではないか」

エイブラムスは今年9月、他の20人の現役および元社員と共同で公開書簡を書き、ブルーオリジンは「有毒な」職場環境を作り出している、と非難。同社が「性差別に目をつぶり、安全性に対する不安を無視し、間違いを正そうとする人々を沈黙させている」と主張した。

ブルーオリジンは「エイブラムスは2年前に解雇した社員だ」と反撃。また、「ニューシェパードはこれまでに設計または建造された最も安全な宇宙船であると信じている」と述べた。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

来年の米成長見通しを引き下げ、ゴールドマンが変異株

ワールド

米高官「イランが譲歩撤回」と見解、核合意協議に暗雲

ワールド

インドネシアのジャワ島東部で噴火、13人死亡・90

ワールド

米ロ首脳が7日に会談、緊迫のウクライナ情勢協議へ

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 3

    大暴落の足音

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 7

    ついにスパイダーマンの世界に殴り込み? 『ヴェノム…

  • 8

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 9

    幸せな生活を突き詰めた結果、行きついた「核シェル…

  • 10

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 6

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 7

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 8

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 9

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 10

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月