最新記事

抗がん剤

虫に寄生する殺虫キノコ、漢方生薬「冬虫夏草」の成分を用いた抗がん剤が開発される

2021年10月14日(木)18時30分
松岡由希子

中医学ではがんや炎症性疾患の治療に用いられてきた IgorChus-iStock

<漢方の生薬「冬虫夏草」の含有成分「コルジセピン」由来の抗がん剤が開発された>

英オックスフォード大学と英バイオ製薬企業ニューカナは、中医学・漢方の生薬として伝統的に用いられている真菌「冬虫夏草(シネンシストウチュウカソウ)」の含有成分である「コルジセピン」由来の抗がん剤「NUC-7738」を開発した。

冬虫夏草は、昆虫の幼虫に寄生して栄養分を接種し、その幼虫から棒状のキノコを発芽させることで知られている。

抗がんの効果があるとみられていた漢方薬だが課題もあった

コルジセピンは「3'-デオキシアデノシン(3'-dA)」とも呼ばれる自然界に存在するヌクレオシド類似体で、抗がん、抗酸化、抗炎症の効果があるとみられて、中医学ではがんや炎症性疾患の治療に用いられてきた。

しかし、冬虫夏草から抽出されるコルジセピンを抗がん剤として用いるためには課題がある。まず、コルジセピンを「ヒト由来平衡ヌクレオシド輸送体1(hENT1)」によってがん細胞へと輸送させる必要がある。また、リン酸化酵素「アデノシンキナーゼ(ADK)」によって活性抗がん代謝物「3'-dAMP」に変換されなければならない。

コルジセピンは、代謝酵素「アデノシンデアミナーゼ(ADA)」により血液中ですぐに分解され、わずか1.6分で血漿で半減してしまうという欠点もある。これらの要因により、コルジセピンは抗がん代謝物を腫瘍に効率的に届けづらく、体内での実際の効力が大幅に減少してしまう。

そこで、「NUC-7738」では、「ヒト由来平衡ヌクレオシド輸送体1」によらずにがん細胞へアクセスできるようにするとともに、「アデノシンキナーゼ」が不要となるよう事前に活性化させた。また、「アデノシンデアミナーゼ」から保護する機能を備え、血液中で分解しづらくした。

効力は7〜40倍に

腫瘍学を専門とする医学雑誌「クリニカルキャンサーリサーチ」で2021年9月8日に発表された研究論文では、「NUC-7738」が様々なヒトがん細胞株でコルジセピンに比べて7〜40倍の効力を持ち、アポトーシスによって細胞死を促すことが示されている。

現在、英国の進行がん患者28人を対象に「NUC-7738」の第1相臨床試験が実施されている。初期データによれば、「NUC-7738」は忍容性が高く、抗がん作用の有望な兆候もみられるという。オックスフォード大学の研究チームでは、ニューカナとの提携のもと、「NUC-7738」の第2相臨床試験も計画している。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

中国輸出、11月は前年比+22%に減速 輸入は伸び

ビジネス

中国人民銀、農村・小規模企業向け再貸出金利を0.2

ビジネス

中国恒大の香港株が7%超上昇、再編近付く

ビジネス

旧村上ファンド系、新生銀株の保有比率9.16%に 

MAGAZINE

特集:真珠湾攻撃・日米開戦80年 戦争の記憶

2021年12月14日号(12/ 7発売)

キャスターとして戦争を伝えてきた櫻井翔が、海軍士官として戦没した大伯父の最期を追う

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続ける大型トラック

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 6

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理…

  • 7

    スペースXに「紛れもない破産リスク」 イーロン・マ…

  • 8

    恒大集団の本拠地・深圳で不動産仲介業者が苦境 市場…

  • 9

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 10

    パワーカップル世帯の動向──コロナ禍でも増加、夫の…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 7

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 8

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 9

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 10

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月