最新記事

新型コロナウイルス

日本のコロナ感染者急減、ワクチン集中接種で「集団免疫」効果も?

Japan's Rapid COVID Vaccine Campaign Partially Credited With Lowering Cases

2021年10月19日(火)19時00分
アナ・カールソン
東京の買い物客

マスク着用が徹底されていることも感染減少の要因か Athit Perawongmetha-REUTERS

<専門家からは再拡大を懸念する声や感染者急減の理由に関する包括的な検証を求める声も>

日本ではこの夏、新型コロナウイルス感染の第5波がピークに達し、8月半ばには、東京の1日あたりの新規感染者が6000人近くにのぼった。だがその後、感染者数は急速に減少。10月上旬から、東京の1日あたりの新規感染者数は11カ月ぶりに100人を下回る日が続いている。

感染者の急減については、当惑する声がある一方で、ワクチン接種が迅速に進められたことが一因ではないかと指摘する声もある。ほかにも、飲食店や娯楽施設の夜間営業停止要請や、マスク着用の徹底などが功を奏したと見る向きがある。

東邦大学の舘田一博教授(微生物・感染症学)は、「日本では64歳未満の人口を対象としたワクチン接種が、迅速かつ集中的に進められた。これによって一時的に、集団免疫に似た状態がつくられている」との見方を示した。

新型コロナワクチンの接種を済ませた人は、人口の70%近くにのぼっている。日本ではこれまでロックダウンを一度も行っておらず、代わりに複数回にわたって緊急事態宣言を発令してきた。

だが専門家は、感染者が急減した具体的な理由が分かっていないまま冬を迎えることに、懸念を抱いている。

以下にAP通信の報道を引用する。

検査陽性率も急激に下落

感染者数はなぜ減少したのか。

国立国際医療研究センターの大曲貴夫国際感染症センター長は、「それは難しい質問だ。ワクチン接種が進んだことの効果はきわめて大きいが、検証が必要だ」と述べた。「混雑した場所や換気の悪い場所など、感染リスクが高い場所に集まる人々は、既に感染して自然免疫を獲得している可能性がある」

感染者が減ったのは検査実施数が減ったからではないかという憶測もあるが、東京都のデータを見ると、8月後半から10月半ばにかけて、検査実施数の減少が約30%なのに対して、検査陽性率は25%から1%に下がっている。東京都医師会の猪口正孝副会長は、検査陽性率の下落は、感染拡大ペースの減速を示していると指摘する。

日本の緊急事態宣言は、ロックダウンとは異なるものの、バーや飲食店を主な対象として、営業時間の短縮やアルコール類の提供停止を要請する措置が取られた。その一方で、大勢の人が混雑した電車での通勤を継続。スタジアムなどで開催される各種イベントも、ソーシャルディスタンスの確保など感染対策を取った上で開催された。

今は緊急事態宣言も解除されており、政府は社会活動や経済活動の再開範囲を徐々に拡大。ワクチンの接種証明や検査実施数の拡大を活用して、スポーツ大会やパック旅行の実証実験が可能になっている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

中国社会科学院、22年の成長率目標「5%超」を政府

ビジネス

財政主導で物価2%、インフレ率で規模調整=西田・自

ビジネス

焦点:滴滴出行が米上場廃止へ、中国勢IPOは一層冷

ワールド

ソロモン諸島、首相不信任案を否決 首相は抗議デモ批

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった疑惑

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 7

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    幸せな生活を突き詰めた結果、行きついた「核シェル…

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 6

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 9

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 8

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 9

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 10

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月