最新記事

フィリピン

比大統領選有力候補ボンボン・マルコスに学歴詐称疑惑 オックスフォード大卒はフェイク?

2021年10月23日(土)20時32分
大塚智彦
ボンボン・マルコス氏

ボンボン・マルコス氏は本当にオックスフォード大学を卒業したのか? Rouelle Umali - Reuters

<次期大統領の可能性が高い男に降って湧いたスキャンダルは仕組まれたものなのか──>

2022年5月のフィリピン大統領選に立候補しているマルコス前大統領の長男、フェルディナンド・マルコス・ジュニア(愛称ボンボン・マルコス)元上院議員に学歴詐称疑惑が持ち上がっている。地元紙の報道で明らかになったもので、立候補届け出後の報道に対し、政治的な背景の有無が取りざたされる事態となっている。 

10月23日の地元紙「インクワイアリ」の電子版は「オックスフォード大学フィリピン人卒業生の団体、ボンボン氏は同大を卒業していないと主張」という記事を掲載して、この疑惑を伝えた。

報道によると、ボンボン・マルコス氏はウェブサイト上などに掲載している経歴として「英オックスフォード大学政治学部から特別卒業証書を得た」として同大卒業と学位を取得したことを明らかにしている。

ところがこれに対し「オックスフォード・フィリピン協会」がクレームをつけた。同協会はオックスフォード大学を卒業したフィリピン人約200人で構成される団体で、オックスフォード大学が公認しているフィリピンで唯一の団体という。

「卒業も学位取得も事実ではない」

この協会が「ボンボン・マルコス氏はオックスフォード大学の政治学部に在籍したことはあり、特別卒業証書を取得しているものの、これは正式の学位取得を証明するものではなく、同学部も正式には卒業していない」との見解を10月22日にインターネット上にアップした声明で明らかにした。

この調査結果は2015年に同協会がオックスフォード大学に直接照会して得た正式の結果であるとしている。

報道によると、オックスフォード大学の卒業名簿にボンボン・マルコス氏の名前がないことから過去にフィリピン人ジャーナリストが事実確認を行ったが、その際もボンボン・マルコス氏はかつて上院議員を務めていたことから「上院のウェブサイト」や自身のウェブサイトに掲載されている学歴に関する情報は「正確である」と主張していたという。

それによるとボンボン・マルコス氏は1975年から1978年までオックスフォード大学セント・エドモンド・ホールで政治学を学び「特別卒業証書」を得たとしている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

仏、都市封鎖や外出禁止令必要ない オミクロン株対応

ワールド

原油先物5%高、オミクロン感染軽症なら影響限定的と

ワールド

英イングランドでオミクロン株の市中感染確認=保健相

ビジネス

NY外為市場=ドル、対安全通貨で上昇 オミクロン巡

MAGAZINE

特集:真珠湾攻撃・日米開戦80年 戦争の記憶

2021年12月14日号(12/ 7発売)

キャスターとして戦争を伝えてきた櫻井翔が、海軍士官として戦没した大伯父の最期を追う

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった疑惑

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 7

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    幸せな生活を突き詰めた結果、行きついた「核シェル…

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 7

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 8

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 9

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 8

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 9

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 10

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月