最新記事

世界経済

現在の経済混乱は企業が続けてきた「ケチ経営」のツケ、事態はより悪化する

WINTER IS COMING

2021年11月26日(金)16時23分
キース・ジョンソン(フォーリン・ポリシー誌記者)
ガソリンスタンド

給油待ちの車が列を作るロンドンのガソリンスタンド(9月28日) HASAN ESENーANADOLU AGENCY/GETTY IMAGES

<燃料高騰、供給混乱、インフレの加速──。「三つ子の危機」は低迷の時代の前触れなのか>

暗黒の時代が再来するのか――。パンデミックからの復活を切望する世界は、経済不安が渦巻く憂鬱な秋を迎えている。

世界規模で起きているエネルギー危機は、ほぼ全ての燃料に影響をもたらしている。配給制や停電が実施され、一部の店舗の棚は空っぽで、ガソリンスタンドには燃料がない。一方で、供給チェーンは息切れ状態だ。コンテナ港は大混雑し、貨物をさばき切れない。加えて、何年も鳴りを潜めていたインフレ懸念が再び頭をもたげている。

いいニュースもある。まだ、オイルショックが起きた1970年代ほどではない。

だが悪いニュースもある。今秋のエネルギー危機は物価が上昇し、消費者や企業が苦境に陥る将来の前触れにすぎないかもしれない。

原油価格はこの10月、1バレル=85ドルを突破し、7年ぶりに高値を更新した。天然ガスは特に欧州で高騰。今夏から倍増し、1年前と比べて4倍の値を付けている。石炭も急騰中で、中国で最高値更新が続く。

危機の根本的要因は、ロックダウン(都市封鎖)続きの1年間を経て急回復する需要と、今も復活していない供給体制の不一致だ。石油生産に向けた投資はパンデミック以前の水準を大幅に下回ったまま。当時でさえ、投資水準は2014年以前のブーム期に程遠いレベルだった。

あおりを食うのは消費者

アメリカのシェールオイル生産にも近年、変化が起きている。長らく低収益にあえぐ生産者は、おおむね厳しい財務規律を維持し、原油価格が上昇しても増産しようとしない。その結果、米石油生産はパンデミック以前を下回る水準が続く。

同様の力学は天然ガス生産にも作用している。欧州の主な供給元であるロシアはパイプラインを使い惜しみ、欧州向け追加供給が制限され、記録的高値が持続している。追い打ちをかけるように、異常気象で石炭生産が妨げられ、北欧の水力発電が打撃を受け、風力発電が減少し、天然ガス需要が急増した。

あおりを食うのは消費者と企業だ。多くの消費者が記録的な額の電力料金の支払いを迫られ、企業の中には操業短縮や従業員の一時解雇に踏み切るところも出てきた。

「今後、より大規模な構造的問題が出現する。いま起きているのはその予行演習だ」と、米エネルギーコンサルティング会社、ラピダン・エネルギーグループの創設者で社長のロバート・マクナリーは言う。「エネルギー市場の現状は、需要に供給が追い付かない事態の典型例だ」

原油や天然ガスが高騰する背景には数多くの短期的問題があり、それらは数カ月以内に軽減されるだろう。だが石油生産への過少投資が長引いたせいで、今も増え続ける需要が満たされないままになる恐れがある。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

アングル:オミクロンでも集団免疫は困難か、「変異」

ワールド

アングル:欧州でインフル復活の兆し、「ツインデミッ

ビジネス

米GM、ミシガン州のEV工場に65億ドル超投資へ=

ビジネス

米政権の経済課題は「現代のサプライサイド経済学」=

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

人気ランキング

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総なめしているワケ

  • 3

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 4

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 5

    消えた陸地、火山灰に覆われた滑走路... 衛星写真で…

  • 6

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 7

    今も自然界と人体に「発がん物質」を残す、モンサン…

  • 8

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

  • 9

    「非常に珍しい」双子のアフリカゾウが見つかる

  • 10

    オタク活動に注意? 芸能人を好きになり過ぎると「知…

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う

  • 4

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 5

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 6

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 7

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

  • 8

    通りすがりの女性に救われた子猫は「とんでもない場…

  • 9

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 10

    英スーパー、ソーセージを成人用として販売 客は年…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 8

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 9

    「賃貸か、持ち家か」議論の答えは出ている

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年1月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月