最新記事

ブロックチェーン

メラニア・トランプが「NFTアート」発売、購入の前に知っておくべきこと

How to Buy Melania Trump NFT: What to Know About Solana and 'Melania's Vision'

2021年12月17日(金)16時52分
ジェニー・フィンク
メラニア・トランプ

REUTERS/Carlos Barria TPX IMAGES OF THE DAY

<前ファーストレディーが仮想通貨技術を使ったアート作品を発表。そこに込められた思いと、具体的な購入方法とは>

アメリカのドナルド・トランプ前大統領夫人であるメラニア・トランプが12月16日、自身としては初めて、ブロックチェーン技術を使ったNFT(Non-Fungible Tokens:非代替性トークン)による「アート作品」を発売すると発表した。購入できるのは2021年末までだ。

「メラニアのビジョン(Melania's Vision)」と題されたこのNFTアートは、仮想通貨ソラナ(Solana:略称SOL)を使って購入できる。価格は1ソラナで、12月17日現在の相場で約180ドルだ。

このNFTアートには、メラニア自身が声を吹き込んだ「希望のメッセージ」の音声も含まれているという。購入する場合は仮想通貨のウォレットが必要だが、コンピューターさえあれば開設は難しいことではない。開設したら、NFTアートの価格に足る分の仮想通貨をウォレットに入金する。

メラニアのNFTマーケットプレイスで受け付けている仮想通貨はソラナのみだが、ソラナでの決済に対応しているウォレットならどれでも利用可能だ。ただし、メラニアのサイトでは、ソラナを基盤としたウォレット「ファントム(Phantom)」を推奨している。

ファントムを初めて利用する場合は、同ウォレットに対応しているブラウザにファントムの拡張機能をまずインストールする。すると、ウォレット開設の指示が出る。手順のはじめのほうでは、秘密のリカバリーコードとパスワードを入力するポップアップが開く。それらはあとで復元できないので、安全な場所に保管するようメッセージが表示される。

ウォレットを開設すれば、仮想通貨の購入・売却サービス「ムーンペイ(MoonPay)」を介して、ファントムから直接ソラナを購入できる。あるいは、コインベースなどの仮想通貨取引所からソラナを転送してもいい。メラニア・トランプのオフィスが発表したプレスリリースによると、NFT購入には、ムーンペイを通じたクレジットカード決済も受け付けているという。

次に、MelaniaTrump.comにアクセスし、「Connect Wallet(ウォレットを接続)」と書かれたボタンをクリックして、仮想通貨ウォレットを接続する。それが済めば、「Buy now(すぐ購入)」ボタンをクリックするだけで、NFTアートが購入できる。「Claim Purchase(購入決定)」ボタンをクリックすると、購入した商品がユーザーのウォレットに移動・保存される仕組みだ。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

世界的なインフレ、適切な金融政策対応は国ごと異なる

ビジネス

景気判断「持ち直し」維持、物価目標「持続的・安定的

ワールド

中国、太平洋島しょ国地域で包括合意模索 警察・安保

ビジネス

ECB総裁の利上げ計画を全面支持=オランダ中銀総裁

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:NATO vs.プーチン

2022年5月31日号(5/24発売)

北欧2カ国の加盟によるNATO拡大は「誤算」だがロシアは必ずしもそれを恐れない

人気ランキング

  • 1

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 2

    【動画】プーチン「パーキンソン病説」が再浮上

  • 3

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動画が話題に

  • 4

    「恥ずべきほど成果がない」 ロシア国営メディアが…

  • 5

    ロシアの新興財閥がプーチンの首に懸賞金「生死は不…

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 3

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメ…

  • 6

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 7

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 8

    日本の未来が「おいしい」理由は2000年代のアメリカ…

  • 9

    全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、…

  • 10

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 6

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 7

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月