最新記事

米ロ関係

極超音速ミサイルでロシアはアメリカを抜いたのか、それともウクライナ侵攻前のブラフなのか?

Has Russia Beaten the U.S. in the Hypersonic Missiles Race?

2021年12月6日(月)18時45分
ブレンダン・コール
プーチン

NATOがウクライナに極超音速兵器を配備すれば報復すると言うプーチン Sputnik/Mikhail Metzel/REUTERS

<ロシアの極超音速ミサイルは、アメリカや中国が開発している最先端のものではなく、古い技術を組み合わせたハリボテだという見方もある>

ロシアのウラジーミル・プーチンは12月3日、海上発射型の極超音速ミサイル「ツィルコン」を来年、海軍の艦船に配備すると明らかにした。極超音速ミサイルは音速の5倍以上の速度で飛行する上に機動性も高く、既存のミサイル防衛システムでは迎撃が難しい。

プーチンはまた、いかなる形のNATOによるウクライナへの派兵も「レッドライン(超えてはならない一線)」を超えることになると発言、西側を強く牽制した。

ロシアは11月29日、ツィルコンの発射実験の成功を発表。相前後して軍部隊をウクライナ国境付近に集結させている。ロシア軍は4月にもウクライナ国境付近に部隊を集結させたことがあったが、ウクライナ侵攻への国際社会の危機感はその時以上に高まっている。

■ロシアの極超音速ミサイル発射実験


プーチンはNATOがロシア国境を侵犯していると非難してもいる。先ごろ出席した投資フォーラムでは、ロシアの隣国であるウクライナに西側の「極超音速兵器が配備され」、5分でモスクワに到達可能な事態になれば、ロシアも同様の対応を取ると述べた。

「今ならそれができる」とプーチンは述べ、極超音速ミサイルの開発競争でロシアが欧米より一歩先に進んでいることを示唆した。

ウェブメディアのポリティコによれば、米宇宙軍のデービッド・トンプソン将軍はアメリカの極超音速ミサイル開発について11月、ロシアや中国ほど「進んでいない」と述べたという。

ツィルコンの飛行速度はマッハ9、射程は1000キロメートルで、昨年1月に初めて軍艦からの発射実験が行われた。以降も、数回にわたって試験が行われている。

イージスを出し抜くスピード

「この兵器が通常兵器としてだけでなく核兵器としても使えるとすれば、(ロシアと)アメリカの間の核バランスが変わると思う」と語るのは、国際問題を扱うウェブメディア「1945」で安全保障問題を担当するブレント・イーストウッドだ。

「対艦ミサイルとしては、アメリカのイージス戦闘システムを凌駕するかも知れない」と、イーストウッドは本誌に語った。

「イージスは飛んでくるミサイルを迎撃するのに反応時間が8~10秒かかるが、その間にツィルコンは少なくとも19キロは飛んでいる。ツィルコンが偶発的に発射され、核攻撃の応酬の引き金を引く事態も心配しなければならない」とイーストウッドは述べた。

「ロシア側にとっては魅力的な武器だ。ミサイル開発の技量を示せるし、プーチンのプロパガンダに利用できる」

プーチンは2018年3月、連邦議会で「スーパー兵器」と称される核兵器搭載可能な5種の武器の開発計画を発表した。だがツィルコンはその中には含まれていない。

スーパー兵器のうち、大型ICBM(大陸間弾道ミサイル)のサルマート、極超音速滑空兵器のアバンガルド、水中ドローン(無人機)のポセイドン、原子力巡航ミサイルのブレベストニクの4つはいずれも射程が長く5000キロ超の戦略兵器だ。残る1つのキンジャールは極超音速空対地ミサイルで射程はもっと短く、準戦略兵器に分類される。


■ロシアの新型ICBMのサルマートは多数の弾頭を搭載できる

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米GM、ミシガン州のEV工場に65億ドル超投資へ=

ビジネス

米政権の経済課題は「現代のサプライサイド経済学」=

ワールド

米、中国航空4社の44便を運航停止 中国の措置に対

ビジネス

英蘭シェル、正式に社名変更 「ロイヤル・ダッチ」外

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

人気ランキング

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総なめしているワケ

  • 3

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 4

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 5

    消えた陸地、火山灰に覆われた滑走路... 衛星写真で…

  • 6

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 7

    今も自然界と人体に「発がん物質」を残す、モンサン…

  • 8

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

  • 9

    「非常に珍しい」双子のアフリカゾウが見つかる

  • 10

    オタク活動に注意? 芸能人を好きになり過ぎると「知…

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う

  • 4

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 5

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 6

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 7

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

  • 8

    通りすがりの女性に救われた子猫は「とんでもない場…

  • 9

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 10

    英スーパー、ソーセージを成人用として販売 客は年…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 8

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 9

    「賃貸か、持ち家か」議論の答えは出ている

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年1月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月