最新記事

ペット

クリスマスツリーをネコから守れ! 掃除機を駆使した究極の対策

2021年12月20日(月)20時10分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部
ネコ

(写真はイメージです) Siarhei SHUNTSIKAU-iStock

<深夜も心配無用? ネコにとっては「悪魔のツリー」に>

愛くるしいネコの振る舞いについつい人は寛容になりがち。それでも自由奔放な性格には手を焼き、どうしても許せないことだってある。

クリスマスツリーにいたずらをされないよう、ある男性が施した「ちょっとした工夫」がネット上で話題になっている。ネコの「宿敵」である家庭用掃除機を使用するものの害はないようだ。

ジェナ・テイラー(@floof_life)は、夫が発案した「クリスマスツリーをネコから守る方法」をTikTokに公開した。

@floof__life

Automation and motion sensor cameras are beautiful things #zoomies #christmastree #crazycat

♬ Rockin' Around The Christmas Tree - Brenda Lee

「私の夫はクリスマスツリーにいたずらするネコにうんざりしていた。だから彼は今年工夫したの」というキャプションとともに映像が始まる。

部屋には大きなクリスマスツリーが置かれ、その周りをネコがうろうろしている。葉っぱをくわえたり、ツリーに近づくなど、興味津々の様子。すると突然、掃除機から大きな吸気音が! 驚いたネコは絵に描いたように驚き、急いで逃げていく。

ツリーの横にはモーションセンサーが設置されていて、ネコの動きに反応して掃除機が作動する仕組みになっているようだ。

動画には、暗闇の中で掃除機を作動させてしまったネコがやむなく逃げていく様子も映っている。

「ご心配なく。夜もちゃんと作動するので」

コメント欄では多くのユーザーがこのアイデアを絶賛した。その一方、掃除機による騒音を心配するユーザーも。

「夜中30分おきに作動する掃除機(笑)」

「今すぐ特許をとれ。10億ドルの製品ができるぞ」

「あなたたちが設置したとは知らず、悪魔のツリーだと考えるだろう」

この動画は12日に投稿され、(20日時点で)140万以上のいいね!を集めている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

フィンランド、21日にロシアからのガス供給停止 代

ビジネス

ハイイールド債発行の中国不動産会社、約3割が今年デ

ワールド

タイ、6月からナイトクラブの規制解除へ コロナ新規

ワールド

EU首脳、ウクライナ再建基金で合意へ 資金調達は不

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 5

    ロシア、ウクライナへ新型レーザー兵器投入 数キロ先…

  • 6

    ベトナムと韓国の歴史問題「棚上げ」の思惑はなぜ一…

  • 7

    あのグリーンピースがロシアに実力行使

  • 8

    「恥ずべきほど成果がない」 ロシア国営メディアが…

  • 9

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 10

    ついにロシア国営TV「わが軍は苦戦」、プロパガンダ…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 4

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 5

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 6

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 7

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 8

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 9

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 10

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月