最新記事

SNS

お粗末な「物量作戦」に頼ってきた中国の「SNS工作活動」に、洗練の兆し

Tweeting Into the Void

2022年1月7日(金)17時31分
ジョシュ・ゴールドスタイン ルネ・ディレスタ(米スタンフォード大学インターネット観測所)
中国スマホ

ILLUSTRATION BY STUDIOSTOKS/SHUTTERSTOCK

<膨大な数の「捨てアカウント」を作って中国共産党寄りの主張をばらまく従来の作戦は、ほとんどフォロワーも影響力も持てなかったが......>

ツイッターは2021年12月2日、2つの中国政府系の宣伝工作アカウント群の排除を発表した。新疆ウイグル自治区に関する中国共産党の主張を繰り返す約2000のアカウントと、同自治区政府に雇われた民間企業「張裕文化」関連の112アカウントだ。

私たちスタンフォード大学インターネット観測所は、ウイグル人の扱いについて党寄りの主張を拡散してきたこの2つのアカウント群について分析した。いずれも国営メディアの報道内容をコピーしたり、良い暮らしだと語るウイグル人の証言なるものばかり伝えてきたアカウント群だ。

これ以前に削除された多くの事例と同様、やり口は稚拙だった。実在の人物のアカウントに見せ掛ける努力もせず、プロフィール画像が初期設定のままだったり、ネット上の画像を借用していたりする。そして他の話題の投稿履歴は皆無に等しい。

フォロワーの数はゼロに近い。投稿への反応(リツイートや「いいね」など)もほとんどない。私たちが初回の分析対象としたツイート3万1269件のうち、97%は反応が皆無だった。

20年に削除されたアカウント群の場合も、ツイート1件ごとの反応数は平均0.81。つまり「いいね」の1つもつかない。アカウントごとの累計反応数も平均23.07にすぎなかった。

実際、欧米のSNSを舞台とする中国共産党系の宣伝工作は、総じて同じ主張を執拗なまでに繰り返すが、そのわりに反応は鈍い。

2000以上のアカウントが削除された今回も、数週間後には似たようなアカウントが何百も登場していた。私たちとは別のアカウント群を調べた研究者たちも、同様の傾向を指摘している。

効果のない活動をなぜ繰り返すのか

まともな拡散効果を得られない工作活動を、性懲りもなく繰り返すのはなぜか。その理由を考えてみよう。

第1は、プラットフォーム側の対応が一定の効果を上げている可能性だ。

アカウントが削除されるたびに、中国の工作隊は振り出しに戻って新たなアカウントを立ち上げている。どうせすぐに削除されるのは承知の上だから、投稿者の人物像を念入りに作り上げたりせず、ひたすら書き込みの数やハッシュタグを増やし、情報の洪水を起こすことに専念する。与えられた状況ではそれが最適な戦略だと判断したのだろう。だが、プラットフォーム側の対応(アカウントの削除)のせいで効果を上げられないのかもしれない。

プラットフォーム側がアカウントの一斉削除を公表するのは、一定の抑止効果を期待するからだ。現にフェイスブックのセキュリティー担当者らは「外国または国内の情報工作というレッテルを貼られ、削除されたら彼らの評判は落ちる」と論じている。

しかし、それでも次から次と新たなアカウントが生まれてくる。これはアカウント削除の抑止効果が働いていない証拠ではないか。そもそも私たちの知る限り、こうした情報工作に携わる人たちが自らの「評判」を気にして行動を変えた事例はない。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ロシア、フィンランドへのガス供給を停止 ルーブル払

ワールド

中国が東シナ海に新たな構造物、極めて遺憾で認められ

ワールド

欧州でサル痘拡大、100人超感染か WHO20日に

ビジネス

アングル:多様化進む米FRB、地区連銀が先行 課題

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、勝手に乗り回していた意外な人物

  • 2

    日本の未来が「おいしい」理由は2000年代のアメリカを見れば分かる

  • 3

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメが食い荒らす

  • 4

    ついにロシアを見限った、かつての「衛星国」たち

  • 5

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 6

    ロシア軍、マリウポリ制覇しても損害は甚大 「大規模…

  • 7

    ロシア、ウクライナへ新型レーザー兵器投入 数キロ先…

  • 8

    ベトナムと韓国の歴史問題「棚上げ」の思惑はなぜ一…

  • 9

    ついにロシア国営TV「わが軍は苦戦」、プロパガンダ…

  • 10

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 3

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプチューン」が戦局を変えた

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 6

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 7

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 8

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 9

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 10

    全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 6

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 7

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月