最新記事

世界経済

コロナによる「経済危機」は、むしろ社会的弱者に「恩恵」をもたらした

WHY THE PANDEMIC MIGHT NOT BOOST INEQUALITY

2022年1月12日(水)11時08分
ダニエル・グロー(欧州政策研究センター研究部長)
労働者募集の看板

労働者不足は深刻化(米フロリダ州のレストラン) MARCO BELLOーREUTERS

<コロナ危機の当初は格差が拡大すると見られていたが、今になって見返すと手厚い保障もあって格差拡大傾向が反転する兆候も>

新型コロナのパンデミックが急拡大し、多くの人々がロックダウンを強いられた2020年春に経済は深刻な不況に陥り、低スキル労働者やマイノリティーの人々が特に打撃を受けた。さらに過去の不況とは対照的に、失業は女性が多い職種に集中し、「shecession(女性不況)」との言葉も生まれた。

そのため、当初の兆候から読み取れたのは、パンデミックの影響で格差が悪化するだろうとの見通しだ。だがその後2年を見る限り、必ずしもそんな状況にはなっていない。

まず、失業や休業などが所得にもたらす悪影響は、ほとんどの先進国では過去最大級の政府支援策で相殺された。アメリカでは多くの世帯に小切手が直接給付され、欧州諸国は雇用を守るため企業を助成した。

こうした対策のおかげで、パンデミック初期の失業が所得低下につながることはなかったようだ。さらに、最も失業リスクの高い層は最も手厚い政府支援を得られた。

結果として、可処分所得を基にした格差指標は悪化していないばかりかわずかに改善している部分もある。アメリカで所得格差を示すジニ係数は20年には非常に大きかったものの、その後拡大はしていない。

この傾向はヨーロッパも同様で、ドイツ、フランス、イタリア、スペインのEU4大国では20年1月からの1年間で所得格差がむしろ縮小したとの研究もある。

格差拡大傾向に反転の兆候が

こうした結果から見えるのは、前代未聞の経済危機から社会的弱者を守る上で、政府が最後のとりでとしての保険事業者の役割を果たし得るという事実だ。だが、アメリカに比べてヨーロッパの経済回復はまだ段階的であるにもかかわらず、政府は支援策を縮小しつつある。これにより、パンデミック以前の格差拡大が再燃するのだろうか。

ここでもやはり、現実はその逆であり、以前の格差拡大傾向はパンデミック後の世界でむしろ反転しそうな兆候が見えている。「女性不況」はせいぜい3~6カ月程度しか継続していないし、(付加価値に占める人件費の割合を示す)労働分配率は20年、21年ともに上昇している。労働分配率は長期にわたって低下してきたが、原因については諸説あった。だが近年の上昇の原因はシンプルで、労働者不足の一言に尽きる。

盛んに唱えられている「ビルド・バック・ベター(より良い再建)」という言葉にも語弊がありそうだ。コロナ禍はいかなる資本も損なわず、単に短期間の機能停止状態をもたらしただけだった。それ故、回復には新たな資本は必要なく、既にあった資本を再配置すればよいだけだ。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

世界的なインフレ、適切な金融政策対応は国ごと異なる

ビジネス

景気判断「持ち直し」維持、物価目標「持続的・安定的

ワールド

中国、太平洋島しょ国地域で包括合意模索 警察・安保

ビジネス

ECB総裁の利上げ計画を全面支持=オランダ中銀総裁

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:NATO vs.プーチン

2022年5月31日号(5/24発売)

北欧2カ国の加盟によるNATO拡大は「誤算」だがロシアは必ずしもそれを恐れない

人気ランキング

  • 1

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 2

    【動画】プーチン「パーキンソン病説」が再浮上

  • 3

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動画が話題に

  • 4

    「恥ずべきほど成果がない」 ロシア国営メディアが…

  • 5

    ロシアの新興財閥がプーチンの首に懸賞金「生死は不…

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 3

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメ…

  • 6

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 7

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 8

    日本の未来が「おいしい」理由は2000年代のアメリカ…

  • 9

    全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、…

  • 10

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 6

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 7

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月