最新記事

メンタルヘルス

小学4年で「自分は吃音」だと自覚して内向的になった私が、自信を取り戻すまで

‘My Goal Is To Inspire Others’

2022年1月13日(木)20時40分
ジョシュア・エジュード(ノースカロライナ大学のアメフト選手)
ジョシュア・エジュード

いつか吃音者のための財団を設立したいというエジュード UNC ATHLETICS/GRANT HALVERSON

<幼少期はどもることが怖くて内向的になりがちだったが、アメフトを通じて恩師や仲間と出会い自信を持つことができた>

母が私の吃音に気付き、言語療法を受けさせたのは私が4歳の頃だったという。でも、自分で意識するようになったのは小学4年生の時だ。

その頃の私は奔放でおしゃべりだったが、一方で自我に目覚め、人からどう見られているかを理解し始めてもいた。吃音症を知らない友人から、なぜそんな話し方をするのかと聞かれて、私はより内向的になった。授業中に先生がする質問の90%は答えが分かったが、どもるのが嫌で一度も手を挙げられなかった。

アメリカンフットボールをやってみたいとずっと思っていたが、現実的に考えるようになったのは高校入学直前の2015年夏のこと。友人みんなに高校ではアメフトに挑戦すべきだと言われ、懇願までされた。

当初は守備の中でも特に大柄な選手が多いディフェンスライン(DL)でプレーしていたが、高校2年の時、オフェンスライン(OL)のコーチであるブライアン・レーンに引き抜かれた。それからはOLを担っている。

レーンは私をゼロから鍛え上げてくれた。アメフトを見ていて、知識もあった私はフィールドで何をすればいいか分かっているつもりだったが、実際には全く違う世界だった。

高校3年だった18年1月、初めて大学から推薦のオファーを受けた。いくつか話が来たが、最終的にノースカロライナ大学への進学を決めた。

チームの仲間は私に何も言わなかった

オファーをくれた大学のコーチの中には、試合中に仲間に声を掛けるとき吃音が出るかと聞く人もいた。チームへの悪影響を心配したのだろう。私はその都度、「試合中には全くどもりません」と説明した。結局は、そのときに心地よく感じているかどうかが問題なのだと思う。

年を重ねると、視野が広くなり他人への理解も深まっていく。大学チームの仲間は私がどもる姿を初めて見たとき、何も言わなかった。あれこれ言われ慣れていた私にとって、それはすごいことだった。彼らは、症状が出ないようにゆっくり話したほうがいい、とも言ってくれた。これには本当に助けられた。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

世界的なインフレ、適切な金融政策対応は国ごと異なる

ビジネス

景気判断「持ち直し」維持、物価目標「持続的・安定的

ワールド

中国、太平洋島しょ国地域で包括合意模索 警察・安保

ビジネス

ECB総裁の利上げ計画を全面支持=オランダ中銀総裁

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:NATO vs.プーチン

2022年5月31日号(5/24発売)

北欧2カ国の加盟によるNATO拡大は「誤算」だがロシアは必ずしもそれを恐れない

人気ランキング

  • 1

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 2

    【動画】プーチン「パーキンソン病説」が再浮上

  • 3

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動画が話題に

  • 4

    「恥ずべきほど成果がない」 ロシア国営メディアが…

  • 5

    ロシアの新興財閥がプーチンの首に懸賞金「生死は不…

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 3

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメ…

  • 6

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 7

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 8

    日本の未来が「おいしい」理由は2000年代のアメリカ…

  • 9

    全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、…

  • 10

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 6

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 7

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月