最新記事

カザフスタン

カザフ騒乱 なぜ暴徒化? なぜロシア軍? 今後どうなる?

Kazakhstan’s Instability Has Been Building for Years

2022年1月17日(月)16時20分
ラウシャン・ジャンダイェバ(カザフスタン出身、ジョージ・ワシントン大学博士課程)、アリマナ・ザンムカノバ(カザフスタン出身の研究者)
アルマトイに展開していたロシア軍

アルマトイに展開していたロシア軍は撤退を始めたが(1月13日) PAVEL MIKHEYEVーREUTERS

<全土に広がる抗議デモと治安部隊との衝突は、長期独裁政権への不満が爆発した必然の結果。ロシアへの支援要請はエリート層の内部抗争が原因だった>

カザフスタンでは2022年が始まった直後、旧ソ連からの独立後30年間で最も激しく暴力的な抗議デモの嵐が吹き荒れた。

新年の祝賀ムードの最中に西部の町で始まった小さな抗議行動は、わずか数日で最大都市アルマトイでの大規模な略奪や暴動へと発展。燃料価格の高騰が引き金となって積年の課題が噴出するなか、国家権力による報復が激しさを増し、さらに上層部の内部抗争を示唆する証拠もある。

今回ほどの規模ではなかったものの、カザフスタンで市民への弾圧が行われるのはこれが初めてではない。

今回の抗議運動は西部のマンギスタウ州ジャナオゼン市で始まったが、ここは2011年12月に油田の労働環境に抗議するデモ隊と当局が衝突した場所でもある。ヌルスルタン・ナザルバエフ大統領(当時)は容赦なくデモ隊を攻撃し、少なくとも16人が死亡した。

それから10年余りがたった今年1月2日、液化石油ガス(LPG)の価格が突然2倍に引き上げられたことに怒りを爆発させた人々が街頭に繰り出した。

マンギスタウ州は石油などの天然資源が豊富だが、その繁栄は平等に分配されてはこなかった。国家の富の大部分を生み出しているのに、地元の人々の生活は行き詰まり、格差拡大や汚職の蔓延ばかりが目立つ。

大半の車が燃料として使用しているLPGの価格高騰は、国民に経済的安定を提供できない政府の新たな失策と受け止められた。

エネルギー省はLPGの電子商取引への移行に向けた措置だとして、今回の値上げを正当化している。これに伴い、国内消費者への補助金は徐々に廃止され、オンライン取引を介した市場価格への移行が進められる。

全土で多くの市民が抗議運動に加わるにつれて、当初の燃料価格への不満は社会経済的、政治的な要求へと広がっていった。

国民の不満が頂点に達した1月5日、アルマトイでデモ隊と治安部隊が衝突。私的財産と公的機関の両方を狙った略奪や破壊行為も相次ぎ、かつての首都は荒れ果ててしまった。

燃料代は不満のごく一部

カザフスタンは市民社会が脆弱で、権威主義によって安定が保たれていると見なされてきた。

しかし実際には、政情不安につながる前提条件はずっと以前から現れており、一向に解決されない問題に世論の不満が募っていた。

2015年には原油安を受けて通貨テンゲが暴落し、2016年には中国への土地売却につながる法改正が世論の猛反発で凍結された。

さらに、2017年に開催された万国博覧会への巨額の投資、長期独裁政権を敷いてきたナザルバエフの大統領辞任(別の要職に変わっただけだったが)と、彼の名にちなんだ首都名の変更、コロナ禍での深刻な打撃......。これらは国民の不満のほんの一部でしかない。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

世界的なインフレ、適切な金融政策対応は国ごと異なる

ビジネス

景気判断「持ち直し」維持、物価目標「持続的・安定的

ワールド

中国、太平洋島しょ国地域で包括合意模索 警察・安保

ビジネス

ECB総裁の利上げ計画を全面支持=オランダ中銀総裁

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:NATO vs.プーチン

2022年5月31日号(5/24発売)

北欧2カ国の加盟によるNATO拡大は「誤算」だがロシアは必ずしもそれを恐れない

人気ランキング

  • 1

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 2

    【動画】プーチン「パーキンソン病説」が再浮上

  • 3

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動画が話題に

  • 4

    「恥ずべきほど成果がない」 ロシア国営メディアが…

  • 5

    ロシアの新興財閥がプーチンの首に懸賞金「生死は不…

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 3

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメ…

  • 6

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 7

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 8

    日本の未来が「おいしい」理由は2000年代のアメリカ…

  • 9

    全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、…

  • 10

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 6

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 7

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月