注目のキーワード

映画

ニューズウィーク日本版『映画』に関する記事一覧

A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった疑惑
ハリウッド

A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった疑惑

<事件後初のテレビインタビューで、ボールドウィンの悲嘆ぶりがあまりに大袈裟で「演技」にも見えてしまう...

2021.12.04
人工知能で鮮やかに蘇る1897年のエルサレム
テクノロジー

人工知能で鮮やかに蘇る1897年のエルサレム

<120年以上前に撮影された白黒映像に、最新技術が命を吹き込む> 「まるでタイムマシンみたい」──...

2021.12.02
ついにスパイダーマンの世界に殴り込み? 『ヴェノム』最新作が示す「宇宙」の未来
映画

ついにスパイダーマンの世界に殴り込み? 『ヴェノム』最新作が示す「宇宙」の未来

<「ヴェノム」とスパイダーマンがいよいよ共演? 群雄割拠のスーパーヒーロー帝国で新たな章が始まるのか...

2021.12.02
        
撮影15年、編集5年、原一男監督の新作『水俣曼荼羅』
映画の境界線 大場正明

撮影15年、編集5年、原一男監督の新作『水俣曼荼羅』

<『ゆきゆきて、神軍』の原一男監督の新作。水俣病を題材に撮影に15年、編集に5年を費やした3部構成、...

2021.11.26
映像は美しく衝撃的だが、森林火災の悲惨さが伝わりきらない映画『炎上する大地』
環境

映像は美しく衝撃的だが、森林火災の悲惨さが伝わりきらない映画『炎上する大地』

<森林火災と温暖化、政治の関係を証明した『炎上する大地』。映像は美しいが、知識優先で感情移入できない...

2021.11.26
        
「ダイアナ妃を知れば知るほど、守ってあげたいと感じた」
for WOMAN

「ダイアナ妃を知れば知るほど、守ってあげたいと感じた」

<来年で没後25周年になるダイアナ元英妃を、クリステン・スチュワートはどんな思いで演じたか> 誰か...

2021.11.25
        
薄っぺらで気持ち悪い在日タブーを粉砕した映画『月はどっちに出ている』の功績
私的邦画論 森達也

薄っぺらで気持ち悪い在日タブーを粉砕した映画『月はどっちに出ている』の功績

<原作・監督・脚本は全員在日。重いテーマがコメディだからこそ深く刺さる。画期的な作品『月はどっちに出...

2021.11.25
最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』
映画

最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

<昨年のオスカーで注目されたクロエ・ジャオ監督によるマーベル映画『エターナルズ』は、ミスマッチ感が拭...

2021.11.16
        
背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現実性
サイエンス・ナビゲーター 茜 灯里

背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現実性

<タトゥーに興味はあっても、一生身体に残ってしまうことには抵抗を感じる──では、1年で消えるタトゥー...

2021.11.16
        
自身の言葉で話し、耳を傾ける姿に、民主主義の核心を見出す『ボストン市庁舎』
映画の境界線 大場正明

自身の言葉で話し、耳を傾ける姿に、民主主義の核心を見出す『ボストン市庁舎』

<ボストン市長であるマーティン・ウォルシュというひとりの人物に焦点があてられる、ドキュメンタリーの巨...

2021.11.13

人気ランキング

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice