コラム

消費者も店側も実施していることを知らない「還元サービス」の不思議

2021年08月04日(水)18時58分
トニー・ラズロ
デリバリー、テイクアウトOKのポスター

TONY LÁSZLÓ

<文京区が実施する飲食店支援の「消費者還元サービス」、なのに客も店員も市の職員も「知らない」とはどういうこと?>

ある日の夕方、「文京区でテイクアウトとデリバリーが安くなっている。今、42%引きの店まである」という情報を得た。ほぼ半額ではないか! どうやら、区が新型コロナウイルスの影響を受ける飲食店を支援しているようだ。既に夕飯の時間が迫っている。急いで現地へ自転車を飛ばした。

しかしギョーザ屋、焼き鳥屋、インド料理店、イタリアン、中華、居酒屋......。看板や献立を見ても割引の宣伝文句はどこにもない。何度か入ったことのある有名店で聞いてみると、「そんなの初耳だ」という。

それなら公共施設で聞こう。幸いその一、すぐ近くに区役所ビルがあった。幸いその二、遅い時間なのに総合窓口に係員がいた。でも不幸その一、係員の返事は、「知らない」。

もう何かを買わないといけない時間なので、その日は帰り道で弁当屋に寄って帰った。割引はなかった。

実は1~3月に次ぐ第2弾だった

翌日、少し調べてみることにした。すると、これは区内のテイクアウトおよびデリバリーの利用促進を目的にした制度だと分かった。そして驚いたことに、これは今年1~3月に次ぐ第2弾だった。なぜ飲食店も区役所ビルの人も知らなかったのか。不思議だ。

仕組みとしては、区内の飲食店がテイクアウトやデリバリー商品に割引などの特典を付ける消費者還元サービスを実施する際、経費(割引や特典額、容器代)を区が支援してくれるというもの。うまくいけばお店が儲かり、お客さんは節約でき、そして感染防止も果たせる。一石三鳥。

このサービスに参加している飲食店や物販店を紹介する区の特設サイト「文京ソコヂカラ」を見ると、「目的別から選ぶ」のページでテイクアウトやデリバリーをしている店を探せる。多様なジャンルの306店がヒットした。

さて、どんな割引サービスがあるのか調べようと、5つの店にメールを出してみた。そのうち無回答は3つ、「もうやっていない」が1つ。もう1つは、「(区が設置した)ページは店紹介であり、割引や特典の案内ではない」という。消費者還元サービスの中身を説明してくれたのは1店舗だけだった。

ここは、買い物額が1万円以上ならサラダのドレッシングを、2万円以上なら焼き肉のタレをおまけしてくれるという。ドレッシングとタレかぁ......。ちょっと趣旨から離れているように感じる。

プロフィール

外国人リレーコラム

・石野シャハラン(異文化コミュニケーションアドバイザー)
・西村カリン(ジャーナリスト)
・周 来友(ジャーナリスト・タレント)
・李 娜兀(国際交流コーディネーター・通訳)
・トニー・ラズロ(ジャーナリスト)

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米国株、コロナの脅威再び 「急落は買い場か」

ワールド

米NY州、知事が非常事態を宣言 新型コロナで

ワールド

南ア新変異株、米国内では感染確認されず=CDC

ビジネス

ロイターネクスト:プラダ次期CEO、一族経営維持を

MAGAZINE

特集:AI戦争の時代

2021年11月30日号(11/24発売)

人工知能を持つ戦闘マシンが自らの判断で敵を殺す ──「核より恐ろしい」新型兵器が現実の戦場に現れた

人気ランキング

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 5

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 6

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 7

    今度はディオールの写真を「人種差別」と吊し上げた…

  • 8

    ワクチンが効かない?南アフリカ変異株「オミクロン…

  • 9

    現在の経済混乱は企業が続けてきた「ケチ経営」のツ…

  • 10

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 5

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 6

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 7

    勝海舟があっさり江戸城を明け渡した本当の理由 「無…

  • 8

    コーギー犬をバールで殺害 中国当局がコロナ対策で.…

  • 9

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 10

    恋の情趣・風雅・情事 ── 江戸の遊廓で女性たちが体現…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 6

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

  • 7

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 8

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 9

    時代に合わなくなったヒーロー「ジェームズ・ボンド…

  • 10

    背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中