コラム

「日本人に見えない」多様な五輪選手の顔ぶれに、日本の明るい未来が見えた

2021年08月18日(水)19時57分
石野シャハラン

それでも自分が外国人であることを毎日思い知らされ、日本人にはなれないことを自覚させられた。それは単に国籍の問題というわけではない。外見や話し方、振る舞い、声の大きさ、考え方や価値観の相違といったことを理由に、周囲から絶え間なく異物として扱われる感覚があった。

しかし、この20年間で日本は大きく変わったと思う。当時は多様性やダイバーシティという言葉も一般的ではなかった。一部の先進的な人を除いては、外国人も社会の一員だなどと言う人もいなかった。それに比べて、今大会の日本選手たちの多様さはどうだろう! 外国にルーツを持つ日本人選手たちが、チームに属し、スポンサーを獲得し、多くの競技で活躍する姿を見て、私はとてもうれしく、誇らしく思った。

現在の子どもたちは、もっと多様化している。彼らが成長した20年後、選手の顔触れはさらに多様性を増しているはずだ。それは日本に多様な価値観・才能・手法をもたらし、バブル崩壊から低空飛行を続ける日本社会に新しい活力を与えるだろう。

さまざまな顔をした日本人選手の活躍に、何か新しい息吹を感じ取った皆さん、あなたの予感が当たりますように。

toykyoeye_ishino_profile_w100.jpg石野シャハラン
SHAHRAN ISHINO
1980年イラン・テヘラン生まれ。2002年に留学のため来日。2015年日本国籍取得。異文化コミュニケーションアドバイザー。シャハランコンサルティング代表。YouTube:「イラン出身シャハランの『言いたい放題』」
Twitter:@IshinoShahran

 20220201issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2022年2月1日号(1月25日発売)は「あぶない超加工食品」特集。WARNING: 脳の快感回路にダイレクトに響く不自然な食品は、フード業界の福音だが、消費者には病気の源?


プロフィール

外国人リレーコラム

・石野シャハラン(異文化コミュニケーションアドバイザー)
・西村カリン(ジャーナリスト)
・周 来友(ジャーナリスト・タレント)
・李 娜兀(国際交流コーディネーター・通訳)
・トニー・ラズロ(ジャーナリスト)

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米、112カ国に4億回分のコロナワクチン提供完了=

ビジネス

米テスラ、「サイバートラック」生産を23年に再延期

ビジネス

訂正-住商がウクライナの駐在員出国、家族連れから順

ビジネス

サムスン電子、第4四半期利益は過去4年で最高 IT

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:あぶない超加工食品

2022年2月 1日号(1/25発売)

脳の快感回路にダイレクトに響く「不自然な食品」は食品業界の福音だが、消費者には病気の源?

人気ランキング

  • 1

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体供給でついに決断を求められる

  • 2

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 3

    男の子は幼児期から「ガラスのハート」 子育ては性別で分けるべきか?

  • 4

    ニッポンのリタイヤしたオジサンたちが次々と感染す…

  • 5

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 6

    日本経済は「貯蓄があるから大丈夫」...勘違いする人…

  • 7

    角を切られ、30回手術を受けたサイが野生に戻される

  • 8

    1円で売却された米空母キティホーク、解体に向け最…

  • 9

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 10

    飼い主に高速連続パンチを見舞う子猫 ネット民から…

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 3

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総なめしているワケ

  • 4

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミク…

  • 5

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 6

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 7

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子…

  • 8

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 9

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体…

  • 10

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 8

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 9

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 10

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中