コラム

「外国人が日本のトイレを絶賛」と「アフガン情勢」、大事なニュースはどっちだ

2021年09月16日(木)18時09分
石野シャハラン
ニュース

IMAGENAVI/GETTY IMAGES

<海外報道は本当に「自分に関係ない」ニュースなのか。強まるメディアと国民の内向き志向は、国を滅ぼしかねない>

まだネットやスマホが現在のように普及していなかった頃のこと。私はプリペイドカードを購入しては、日本からイランにいる母やノルウェーに住む従姉妹(いとこ)などに電話していた。頻繁に話題に上ったのはそのとき世界で起こっている出来事だ。だが私はいつも「そのニュースは知らない、日本のメディアでは流れていない」と言って、あきれられていた。私だけが別世界に住んでいるようだった。

その頃に比べて今は良い時代になった。無料通話アプリにはニュース欄があるし、グループを作って世界中の情報を交換することもできる。英語はもちろんのこと、私の母国語であるペルシャ語でもニュースを得ることができる。だからもう以前のように母親や親戚に「そのニュースは知らない」と言わなくて済むようになった。

しかし、日本のメディアで流れる海外のニュースは古いと感じることが多い。大抵は既に数日前にペルシャ語で流れたニュースである。また日本のニュースは遅いだけでなく、海外情勢が矮小化されているようにも感じる。アフガニスタン情勢について、多くの国のニュース番組はほとんどの時間を割いて報道しているというのに、日本のテレビメディアではまるで扱いが異なる。

新型コロナウイルスの感染状況がトップニュースになるのは仕方ない。それでも、CNNのアフガニスタンの現地報道から日本のチャンネルに替えると、ペットのかわいい動画や、街角の交通事故の映像(大抵中国なのはどうしてだろう)があふれていて、あまりの落差に啞然とする。日本は世界とは切り離されたパラレルワールドに存在しているかのようだ。

メディアには日本礼賛の情報ばかり

アフガニスタンで活動していた中村哲医師が亡くなったときは、もっと時間を割いて報道していたと記憶している。今回は多くのアフガニスタン人の日本大使館職員らが同国に取り残されているというのに、命の重さが異なるのかと思うくらい、扱いは小さい。情報を集めて分析し報道するより、当たり障りのない形骸化したニュースに逃げていると言わざるを得ない。

逆にメディアが扱うことが増えたのは、日本がいかに海外で称賛されているか、という話題だ。日本の100円ショップが素晴らしい、トイレが素晴らしい、和食が大ウケだ、など、皆さんも日常的に見ているだろう。オリンピック・パラリンピックで来日した選手や報道関係者が、選手村やコンビニの食事を絶賛している、という記事がその最新版だ。果たして、このような話を真に受ける日本人がいるのか、私には大いに疑問だ。

プロフィール

外国人リレーコラム

・石野シャハラン(異文化コミュニケーションアドバイザー)
・西村カリン(ジャーナリスト)
・周 来友(ジャーナリスト・タレント)
・李 娜兀(国際交流コーディネーター・通訳)
・トニー・ラズロ(ジャーナリスト)

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

アングル:中台どちらにつくか、ソロモン諸島で政府と

ビジネス

アングル:深センの不動産仲介業者が苦境に、市場冷え

ワールド

焦点:利下げに賭けるエルドアン大統領、インフレ進行

ワールド

オミクロン株、世界40カ国に拡大 米国では計10州

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    大暴落の足音

  • 2

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 3

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 6

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 7

    幸せな生活を突き詰めた結果、行きついた「核シェル…

  • 8

    今度はディオールの写真を「人種差別」と吊し上げた…

  • 9

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 10

    ついにスパイダーマンの世界に殴り込み? 『ヴェノム…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 3

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    大暴落の足音

  • 6

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 7

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 8

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 9

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 6

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 7

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 8

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 9

    大暴落の足音

  • 10

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中