コラム

自分が「聞き上手」と思っている人ほど、他人の話を聞いていない

2021年08月10日(火)20時15分

私もよく取材をするのだが、マーフィがこの本に書いているような努力をしている。たとえば2016年にトランプ候補の政治集会を取材して記事を書いたときのように、自分とは政治的に異なる立場にある人の話を聞く機会はよくある。偽情報をそのまま繰り返している人の話をそのまま聞くのはしんどいが、それでも相手の話をさえぎったりせず、相手が「共感してもらっている」と感じるように話を引き出している。

それは、この本に書かれている人質交渉のテクニックに通じるとも思った。でも、日常生活でそれがいつもできているわけではない。自分が好きな本の話題になり、つい熱がこもってしまって自分が話したいことばかり話してしまって反省することもしばしばある。

アメリカ人の親友とのウォーキング中の会話でも、「この間旅行に行ったんでしょう?どうだった?」と尋ねられてつい話しすぎている自分に気づくことがある。気づいたらストップして「あなたのお嬢さん、新しい職場は気に入っている?」と話を戻すよう気をつけている。先日その友人が「今日は私のことばっかり話ちゃったわ。ごめんね」と言っていたが、私にとっては嬉しい言葉だった。

日本人も「聞き上手」ではない

「聞く力」は仕事に役立つだけでなく、恋愛や、良い家族関係の維持にも役立つ。この本にもあるように、子供は成長し、伴侶も変わっていく。だから相手のボディランゲージを含めてしっかり聴く努力をしなければ良好な関係を維持することはできない。私自身の体験からも、この部分の大切さを多くの人に知ってほしいと思った。

日本人はアメリカ人のように公の場で相手をやりこめたりしないし、この本にもあるように沈黙にも慣れている。けれどもそれは「聞き上手」とは違う。ただ単に自分の意見を公の場で口にするのが怖いだけだ(その影響も含めて)。ふだんの生活だけでなく、ソーシャルメディアでも相手の話に耳をすませていない人だらけだ。この本の1章に "「話を聞かれない」と孤独になる" という部分があるが、日本にはそういう人たちが多いのではないだろうか。そういう世の中で聞き上手になったら、きっと自分だけでなく、多くの人の心を救えるような気がする。

篠田真貴子さんの監訳で邦訳版が発売されたので、原書が読めない人もぜひ手にとってほしい。


プロフィール

渡辺由佳里

Yukari Watanabe <Twitter Address https://twitter.com/YukariWatanabe
アメリカ・ボストン在住のエッセイスト、翻訳家。兵庫県生まれ。外資系企業勤務などを経て95年にアメリカに移住。2001年に小説『ノーティアーズ』(新潮社)で小説新潮長篇新人賞受賞。近著に『ベストセラーで読み解く現代アメリカ』(亜紀書房)、『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社)などがある。翻訳には、レベッカ・ソルニット『それを、真の名で呼ぶならば』(岩波書店)、『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社、日経ビジネス人文庫)、マリア・V スナイダー『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)がある。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

アングル:中台どちらにつくか、ソロモン諸島で政府と

ビジネス

アングル:深センの不動産仲介業者が苦境に、市場冷え

ワールド

焦点:利下げに賭けるエルドアン大統領、インフレ進行

ワールド

オミクロン株、世界40カ国に拡大 米国では計10州

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    大暴落の足音

  • 2

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 3

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 6

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 7

    幸せな生活を突き詰めた結果、行きついた「核シェル…

  • 8

    今度はディオールの写真を「人種差別」と吊し上げた…

  • 9

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 10

    ついにスパイダーマンの世界に殴り込み? 『ヴェノム…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 3

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    大暴落の足音

  • 6

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 7

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 8

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 9

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 5

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 6

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 7

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 8

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 9

    大暴落の足音

  • 10

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中