コラム

トランプ前大統領の黄昏、連邦下院議員補欠選挙でまさかの逆転負け

2021年08月02日(月)16時10分

トランプの影響力の低下を天下に印象付けることになった...... REUTERS/Octavio Jones

<7月27日テキサス州第6区で連邦議会下院議員補欠選挙が実施されたが、トランプ前大統領にとっては、自らの影響力の低下を天下に印象付ける痛手となった>

2021年7月27日テキサス州第6区で連邦議会下院議員補欠選挙(特別選挙)の投開票が実施された。5月に同欠選挙が行われた際に共和党・民主党が濫立した結果として、得票数1位となった候補者が十分な有効得票数が得られなかった。そのため、今回の選挙では上位2者による決戦投票が行われる形となった。

7月の決選投票に残った2名、スーザン・ライトとジェイク・エルゼイのいずれも共和党員である。第1回補欠選挙ではトランプの熱狂的ファン候補者や民主党候補者なども存在していたが、堅固な政治的支持を固めた有力な共和党員2名が決選投票に生き残る順当な状況となっていた。

トランプ前大統領が推していたのはスーザン・ライトである。そもそも補欠選挙が行われることになった直接要因は、スーザンの夫である故ロン・ライト下院議員が新型コロナウイルスによって亡くなったことにある。いわば、スーザンは夫の弔い合戦としての出馬であり、故ロン・ライトの支持母体であったClub for Growthなどの一部の保守グループが強烈にプッシュする陣容であった。

勝ち馬に便乗するトランプ手法だったが......

トランプ前大統領は5月に行われた第1回投票ではギリギリまで自らの推薦候補者を決定せず、スーザン・ライトの1位抜けが世論調査上ほぼ確実になったところで支持表明を行った経緯がある。自らを熱烈に信奉するトランプ信者系候補者らを応援せず、最も戦況上有利な候補者を応援するやり方は、トランプ前大統領のビジネス感覚によるものだろう。彼が若かりし頃に発刊した自伝である『The Art Of Deal』の中で、彼が友人に助言した通りの勝ち馬に便乗する手法そのままであった。三つ子の魂百までである。

トランプ前大統領の推薦を得て資金力をつけたライトに対して、その対戦相手のジェイク・エルゼイは故ロン・ライトのライバルであり、共和党の候補者を決める予備選挙で同氏と争ってきたテキサス州議会議員だ。リック・ペリー前テキサス州知事を味方につけつつ、トランプ前大統領とはあからさまに敵対することなく距離を取る戦略を取ってきていた。ペリーと関係が深い伝統的なレーガン保守派も味方につけつつ、トランプに批判的な主流派からの支持を取り込む賢しいやり方を採用したと言える。その戦略が功を奏してエルゼイは急速に資金力をつけて広告費用で逆転し、7月の決選投票で世論調査上の不利を跳ね返し劇的な勝利を勝ち取ることになった。

トランプの影響力の低下を天下に印象付ける痛手

今回の補欠選挙(特別選挙)は共和党員だけでなく州有権者全体に開かれた選挙であり、共和党員の身内のみの選挙ではない。そのため、エルゼイには民主党支持者なども投票したものと想定される。しかし、5月の第1回補欠選挙の約半数の人々しか投票に参加していないこと、共和党が元々やや強い地域であることなどに鑑み、やはり多くの共和党支持者がライトではなくエルゼイを選択したと見るべきだろう。このことはテレラリー、録音による自動電話かけ、資金管理団体からの支援などで応援してきたトランプ前大統領にとっては、自らの影響力の低下を天下に印象付ける痛手となった。

プロフィール

渡瀬 裕哉

国際政治アナリスト、早稲田大学招聘研究員
1981年生まれ。早稲田大学大学院公共経営研究科修了。 機関投資家・ヘッジファンド等のプロフェッショナルな投資家向けの米国政治の講師として活躍。日米間のビジネスサポートに取り組み、米国共和党保守派と深い関係を有することからTokyo Tea Partyを創設。全米の保守派指導者が集うFREEPACにおいて日本人初の来賓となった。主な著作は『日本人の知らないトランプ再選のシナリオ』(産学社)、『トランプの黒幕 日本人が知らない共和党保守派の正体』(祥伝社)、『なぜ、成熟した民主主義は分断を生み出すのか』(すばる舎)、『メディアが絶対に知らない2020年の米国と日本』(PHP新書)、『2020年大統領選挙後の世界と日本 ”トランプorバイデン”アメリカの選択』(すばる舎)

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

ESG関連ファンド、30年度までに2─3兆円に=り

ワールド

次のパンデミック、致死性コロナ以上の恐れ=オックス

ビジネス

22年の中国経済、妥当な範囲内に維持=共産党中央政

ワールド

日本の警察に人種プロファイリングの疑い、米大使館が

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった疑惑

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 7

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    幸せな生活を突き詰めた結果、行きついた「核シェル…

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 6

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 9

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 10

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 8

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 9

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 10

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中