コラム

空文化するバイデン政権の規制改革

2021年09月21日(火)15時46分

バイデン政権は、40年間継続してきた米国の超党派の規制改善の歴史を終わらせる可能性がある...... REUTERS/Jonathan Ernst

<米国では政権が代わっても共和党・民主党ともに規制改革の重要性を意識してきた。バイデン政権の規制改革全般の状況について評価する......>

2021年9月22日、拙著『無駄(規制)をやめたらいいことだらけ 令和の大減税と規制緩和』(ワニブックス)が発刊された。この本は日本が持っている潜在的な可能性を規制改革によってどのように引き出すのか、について歴史の小話などを挟みながら楽しく読めることを狙ったものだ。

そこで、今回の記事では日本の規制改革に関する現状を理解するため、バイデン政権の規制改革全般の状況について評価していこうと思う。

規制改革が本格的に着手されたのは約40年前レーガン政権から

米国の規制改革が本格的に着手されたのは約40年前レーガン政権からだと言って良いだろう。具体的にはレーガン政権によって1981年に発令された大統領令12991は、全ての規制が交付前に行政管理予算局(OMB)からの評価を受けるように求め、重要な影響を与える規制である場合には規制コストの算出を徹底することが義務付けたことのインパクトは非常に大きなものだった。

以後、米国では政権が代わっても共和党・民主党ともに規制改革の重要性を意識し、その手法に改善を加える切磋琢磨を継続してきた。そして、ホワイトハウスの機関である行政管理予算局(OMB)と情報規制問題室(OIRA)は規制改革において中心的な役割を果たし続けており、規制改革と規制評価はどの政権においても重要な政策課題として位置付けられてきた。

このような規制経済コスト算出や規制制定プロセスの透明化は、OECD諸国では当たり前に取り組まれており、欧州各国においても積極的な取り組みがなされている。特に英国での取り組みはベストプラクティスとして知られており、規制コストの算出だけでなく規制コストの総量削減や全面的に公開された規制策定プロセスなどが高い評価を受けている。

米国第一主義の唯我独尊の人物に見えたトランプ前大統領は、意外にも2016年に規制改革に関する大統領令を発し、欧州諸国の規制改革に関する先行事例を大胆に取り入れる改革を行っていた。

トランプ前大統領が導入した具体策は「各省庁に対して規制増加を抑制することを求める規制予算」や「不要な規制2つを規制1つの新設時に求める2対1ルール」の創設などである。これらの改革が徹底された結果として、当時のホワイトハウスが公表したデータによると、2017年度の僅か1年で連邦政府は計画されていた1579本の規制について、635本を撤回し、244本が活動停止、700本が延期されており、将来に渡る$8.1Billion(約1兆円弱)に及ぶ成果を上げたとされている。

バイデン政権は米国の規制改善の歴史を終わらせる?

一方、バイデン大統領も就任初日に規制改革に関する大統領令を発令している。

その内容はトランプ政権時代の規制改革を白紙に戻すものだった。具体的には、上述の規制予算や2対1ルールは廃止され、各省庁に配備された規制改革のためのスタッフも取り除かれた。その上で、クリントン・オバマ時代の大統領令を範としつつ、規制評価に定量的に測定困難な正義や尊厳などの概念を盛り込んだ報告を行政管理予算局に行うように求めている。

プロフィール

渡瀬 裕哉

国際政治アナリスト、早稲田大学招聘研究員
1981年生まれ。早稲田大学大学院公共経営研究科修了。 機関投資家・ヘッジファンド等のプロフェッショナルな投資家向けの米国政治の講師として活躍。日米間のビジネスサポートに取り組み、米国共和党保守派と深い関係を有することからTokyo Tea Partyを創設。全米の保守派指導者が集うFREEPACにおいて日本人初の来賓となった。主な著作は『日本人の知らないトランプ再選のシナリオ』(産学社)、『トランプの黒幕 日本人が知らない共和党保守派の正体』(祥伝社)、『なぜ、成熟した民主主義は分断を生み出すのか』(すばる舎)、『メディアが絶対に知らない2020年の米国と日本』(PHP新書)、『2020年大統領選挙後の世界と日本 ”トランプorバイデン”アメリカの選択』(すばる舎)

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

為替の安定は非常に重要、引き続き動向注視=磯崎官房

ビジネス

原油先物は反落、中国政府の石炭相場介入姿勢で

ワールド

ブラジル大統領の訴追勧告、コロナ対応巡り殺人罪で=

ワールド

中国ドローン大手DJIに制限検討を、米FCC委員が

MAGAZINE

特集:世界に学ぶ至高の文章術

2021年10月26日号(10/19発売)

ビジネスの現場でも「よい文書」は不可欠── 世界の共通するライティングの基礎とは

人気ランキング

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 3

    脱炭素シフトで世界の優等生ドイツが「国中大停電の危機」に陥っている根本原因

  • 4

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 5

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 6

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由が…

  • 7

    韓国世論も日韓関係の悪化しか生まない「徴用工裁判…

  • 8

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 9

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 10

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女…

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を歴史で読み解く

  • 3

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女性を狙う、猛スピードの男

  • 4

    モデルナ製ワクチンで重い副反応を経験した大江千里…

  • 5

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 6

    中国進出の日本企業は、極めて苦しい立場に立たされ…

  • 7

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 8

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 9

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 10

    緑地、易居、花様年、当代置業......中国・恒大集団…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 7

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中