コラム

党内左派の圧力に苦慮するバイデン政権の悲惨な未来

2021年11月26日(金)15時15分

バイデン政権は民主党左派が推進する政策によって自縄自縛の状態に陥っている REUTERS/Kevin Lamarque

<民主党左派の政策は経済、文化、安全保障などの様々な面でバイデン政権を苦境に立たせ、来年の中間選挙での敗北への道を整備しつつある>

バイデン大統領が米投資大手カーライルグループの共同創設者であるデービット・ルーベンスタインが保有する 13,000平方フィートのメインホーム、テニスコート、プールがある島での休暇に旅立つ一方、善良な米国民の食卓では感謝祭用の七面鳥の値上がりが話題となり、米国民の日々の暮らしはエネルギー価格を中心としたインフレ圧力に苦慮している。

バイデン大統領の優雅な休暇を邪魔しているのは、民主党内の左派勢力が推進している政策だ。民主党左派の政策は経済、文化、安全保障などの様々な面でバイデン政権を苦境に立たせ、来年の中間選挙での敗北への道を整備しつつある。

バイデン政権が進める自国のエネルギー産業の将来性を奪う愚策

高騰するエネルギー価格の直接的な原因は、世界経済の急激な景気回復とOPECのコロナ収束に対する厳しい見通しの背反によるものだが、民主党左派が推進する化石燃料に対する環境規制による影響も少なくない。トランプ時代には米国はエネルギー純輸出国にまでなったものの、バイデン政権は自国のエネルギー産業の将来性を奪う愚策を推し進めている。

直近の原油価格は1バレル75~85ドル前後で推移しており、本来であれば米国内のシェールオイル・シェールガスなどの採算が十分に立つ価格である。しかし、民主党が推進する厳しいCO2規制は米国内でのシェール産業の投資を委縮させ、OPECに対する増産圧力を弱体化させている。

バイデン政権は中国や日本などの消費国に対して戦略備蓄放出を迫ったが焼け石に水であり、OPECは増産見直しを誘発する可能性すらある。本当に外交努力で問題を解決するならイランとの再核合意などが有効だが極めて困難な道だろう。むしろ、再核合意を目指す左派的な外交方針はサウジアラビアなどとの関係悪化を招くため、産油国とのエネルギー価格を巡る交渉を一層困難なものにしている。

また、左派が推進する巨額のインフラ投資政策は、米国内での需給関係のバランスを悪化させるため、米国内のインフレ圧力は益々強まることになるだろう。景気対策・社会福祉政策として実行されるはずのインフラ投資「ビルドバックベター」政策が国民生活を今よりも厳しい状況に追い込むことは皮肉だ。

バイデン政権が取り得る2つの政策

バイデン政権が状況打開のために取り得る政策は、中国からの輸入関税解除とFRBの利上げである。しかし、そのいずれも来年の中間選挙の敗北を招く可能性がある。

2022年中間選挙の上院選挙の接戦州はラストベルトと南部国境地帯の州である。このうちラストベルトで支持を受けるためには労働組合が支持する保護主義的な政策を継続せざるを得ない。したがって、バイデン政権が行う米中首脳会談は中身がない状態が継続する見通しであり、対中輸入関税解除などの懸案事項も遅々として解決の糸口すら見出せていない。もちろんTPP早期復帰などの政策も不可能であり、クアッドを下敷きにしたサプライチェーンの見直しの枠組みなどを打ち出してお茶を濁すので精一杯だろう。

また、民主党左派が推進する国境管理の軟化は、南部諸州で不法移民の大量流入、犯罪の著しい増加という治安問題を引き起こしている。民主党左派が掲げるポリコレ的な人権問題に関する主張が現実の脅威にさらされている南部で支持を失うことは明白であり、既にアリゾナ州などの民主党の南部諸州の現職上院議員は支持率の悪化が伝えられている。

プロフィール

渡瀬 裕哉

国際政治アナリスト、早稲田大学招聘研究員
1981年生まれ。早稲田大学大学院公共経営研究科修了。 機関投資家・ヘッジファンド等のプロフェッショナルな投資家向けの米国政治の講師として活躍。日米間のビジネスサポートに取り組み、米国共和党保守派と深い関係を有することからTokyo Tea Partyを創設。全米の保守派指導者が集うFREEPACにおいて日本人初の来賓となった。主な著作は『日本人の知らないトランプ再選のシナリオ』(産学社)、『トランプの黒幕 日本人が知らない共和党保守派の正体』(祥伝社)、『なぜ、成熟した民主主義は分断を生み出すのか』(すばる舎)、『メディアが絶対に知らない2020年の米国と日本』(PHP新書)、『2020年大統領選挙後の世界と日本 ”トランプorバイデン”アメリカの選択』(すばる舎)

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ウクライナ大統領、米のパニック的対応批判 ロシアと

ワールド

米北東部に激しい暴風雪予報、週末の航空便の欠航相次

ワールド

アングル:英女王在位70年、祝賀ムードに影落とす王

ワールド

バイデン氏、「近いうちに」米軍派遣 東欧やNATO

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:あぶない超加工食品

2022年2月 1日号(1/25発売)

脳の快感回路にダイレクトに響く「不自然な食品」は食品業界の福音だが、消費者には病気の源?

人気ランキング

  • 1

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どうした?」「影は嘘をつかない」

  • 2

    ビットコイン長期保有者、ついに「利確」開始か...オンチェーン分析で明らかに

  • 3

    南シナ海に沈んだF35Cらしき画像がSNSに浮上、米中が回収合戦

  • 4

    BTSメンバーの「資産額」ランキング...1位のメンバー…

  • 5

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 6

    世界的な登山写真家が捉えた、ほぼ誰もたどり着けな…

  • 7

    新曲の一部? BTSのVが聞き慣れない曲を口ずさむ動画…

  • 8

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 9

    ヒトラーにたとえるのは「国際的にご法度」か

  • 10

    角を切られ、30回手術を受けたサイが野生に戻される

  • 1

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どうした?」「影は嘘をつかない」

  • 2

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 3

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 4

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミク…

  • 5

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体…

  • 6

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 7

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

  • 8

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子…

  • 9

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 10

    ビットコイン長期保有者、ついに「利確」開始か...オ…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どうした?」「影は嘘をつかない」

  • 4

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 5

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 6

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 7

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 8

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 9

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 10

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中