佐々木和義

広告プランナー兼コピーライター。京都の商業写真・映像制作会社を経て広告会社に転職し、住宅・不動産広告や三陸津波防災PR等に従事した。韓国に進出する食品会社の立上げを請け負い駐在員として2009年に渡韓。日本企業のアイデンティティや日本文化を正しく伝える必要性を感じ、2012年、広告制作会社PLUXを設立し、現在に至る。日系企業の韓国ビジネスをサポートする傍ら日本人の視点でソウル市に改善提案を行っている。韓国ソウル市在住。

韓国

韓国の次期大統領選有力候補は、いずれも人気も実績もなく「最初から失格」?

2021.10.19
韓国

岸田新総裁選出、韓国メディアは一斉に日韓関係の改善を要望

2021.10.04
韓国

韓国世論も日韓関係の悪化しか生まない「徴用工裁判」に嫌気

2021.09.14
韓国事情

中国と韓国、文化起源を巡る対立が激化している

2021.08.27
韓国

韓国の繁華街、外国人旅行者に依存してきた明洞は一人負け

2021.08.19
韓国

韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

2021.07.14
韓国政治

誰が文在寅を支持しているのか:韓国

2021.06.28
韓国

徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正反対の判決に動揺広がる

2021.06.17
韓国

コロナ禍で韓国の消費者も我慢が限界、「反日疲れ」が広がった

2021.05.21
韓国

脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

2021.05.14
韓国

韓国の慰安婦訴訟、2つの判決が正反対「天動説から地動説にもどった」

2021.04.27
韓国

韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関は「科学的に問題ない」

2021.04.23
韓国

文在寅政権・与党関係者の相次ぐ不正行為に不満が鬱積......ソウルと釜山の市長選惨敗の背景

2021.04.20
韓国

韓国農業は日本依存度が極めて高かった 種苗から農機具まで

2021.03.29
韓国

4月1日、改正種苗法が施行 韓国の無断栽培増加が背景にあった

2021.03.26
韓国

日本を目指す韓国ネイバー、LINEの個人情報海外流出で厳しい船出に

2021.03.22
韓国

韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英国参加の意向

2021.02.10
韓国

韓国と中国、「キムチ論争」勃発

2021.02.05
韓国

韓国・株投資熱狂 投資を目的とする借入金も増え、家計債務世界1位に

2021.01.20
韓国

韓国・朴槿恵前大統領、懲役20年実刑確定で、李明博元大統領と共に恩赦が焦点に

2021.01.18

MAGAZINE

特集:世界に学ぶ至高の文章術

2021年10月26日号(10/19発売)

ビジネスの現場でも「よい文書」は不可欠── 世界の共通するライティングの基礎とは

人気ランキング

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、冷却効果は「エアコンより強力」

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 5

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 6

    ヒトに脳炎起こす、20センチの巨大カタツムリ 10年…

  • 7

    オタマジャクシの体内に藻類を送り込み、光合成によ…

  • 8

    イギリスに新たな変異株「デルタプラス」出現 従来型…

  • 9

    日本のコロナ感染者急減、ワクチン集中接種で「集団…

  • 10

    ワクチン接種が進む中で「異状死」が急増、日本の「…

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 3

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 4

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 5

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 6

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 7

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女…

  • 8

    緑地、易居、花様年、当代置業......中国・恒大集団…

  • 9

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

  • 10

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月