高森郁哉

フリーランスのライター、英日翻訳者。主な関心対象は映画、音楽、環境、エネルギー、未来技術。訳書に『「スター・ウォーズ」を科学する―徹底検証! フォースの正体から銀河間旅行まで』(マーク・ブレイク&ジョン・チェイス著、化学同人刊)ほか。

加齢による記憶力低下が、電気刺激で20代並みに回復した:米研究

2019.04.11
ロシア

人工衛星で「夜空に広告」──ロシア新興企業のプランが物議

2019.01.18
宇宙

宇宙から謎の「反復する電波」、2度目の観測:地球外生命からのメッセージ?

2019.01.15
宇宙

宇宙旅行が脳に不可逆的変化をもたらす......ISS滞在飛行士の調査で判明

2018.11.02
BOOKS

故ホーキング博士、遺伝子操作による「超人間」の誕生に懸念:遺作エッセイが出版

2018.10.19
温暖化

北極圏、温暖化で植物が高く伸び、それがさらに温暖化を招く:判明した仕組みとは

2018.10.02
天文学

理論上「ありえない星」見つかる:中性子星の強い磁場を突破するジェットを観測

2018.09.28
発毛促進

ハゲに朗報!合成ビャクダンを頭皮に「嗅がせて」発毛促進:英研究

2018.09.21
気候変動

危険な熱帯低気圧、世界で9個同時発生:洋上に並ぶ姿をとらえた衛星写真

2018.09.14
気候

サハラ砂漠にソーラー発電建設すると、雨が降って、緑になるという・・なぜ?

2018.09.12
宇宙

木星は他の惑星とまったく異なる磁場を持つ:探査機ジュノーの観測データから判明

2018.09.10
宇宙

国際宇宙ステーションに空いた穴から空気漏れ、流星塵の衝突ではなかった 犯人は?

2018.09.05
人体

頭骨と脳を結ぶ「秘密のトンネル」が発見される:脳障害時に免疫細胞を送り込む経路

2018.09.04
ネイチャー

「怠け者の種」は生存率が高いことがわかった──代謝率と絶滅の関係調査

2018.08.24
健康

トランクス着用で「精子の量と質」が向上:最新調査で裏付け

2018.08.13
地球工学

「成層圏ベール」で太陽光を遮る温暖化対策構想:そのとき農作物はどうなる?

2018.08.10
異常気象

気温上昇が自殺の増加を招く──米国とメキシコの大規模調査で確認

2018.07.25
太陽探査

太陽コロナに触れる探査機、熱で溶けない4つの理由:NASAが8月打ち上げへ

2018.07.24
サイエンス

世界初の「カラーX線写真」──体内の構造を3D画像で再現

2018.07.17
クローン

世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

2018.07.10

MAGAZINE

特集:世界に学ぶ至高の文章術

2021年10月26日号(10/19発売)

ビジネスの現場でも「よい文書」は不可欠── 世界の共通するライティングの基礎とは

人気ランキング

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、冷却効果は「エアコンより強力」

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 5

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 6

    ヒトに脳炎起こす、20センチの巨大カタツムリ 10年…

  • 7

    オタマジャクシの体内に藻類を送り込み、光合成によ…

  • 8

    イギリスに新たな変異株「デルタプラス」出現 従来型…

  • 9

    日本のコロナ感染者急減、ワクチン集中接種で「集団…

  • 10

    ワクチン接種が進む中で「異状死」が急増、日本の「…

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 3

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 4

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 5

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 6

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 7

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女…

  • 8

    緑地、易居、花様年、当代置業......中国・恒大集団…

  • 9

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

  • 10

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月
  • 2021年7月
  • 2021年6月
  • 2021年5月