コラム

フランスとイスラム原理主義の果てしない「戦争」の理由

2020年10月23日(金)15時30分

そこで問題となるのが、イスラム教の預言者ムハンマドの風刺画が、イスラム教徒に対するヘイトスピーチとみなされるのか否かということだ。この問題については、在仏イスラム教徒の団体が、ムハンマドの風刺画を掲載したシャルリエブド紙に対して何度か訴訟を起こしている。その一例が、下の風刺画の号である。

RTR1AIPI.jpg

2006年2月8日付シャルリエブド紙 REUTERS/Regis Duvignau

ここに描かれているのは、ムハンマドだ。左上のタイトルに、「イスラム原理主義者に忙殺されるモハメッド」と記されている。モハメッドは「馬鹿に好かれるのはつらい」と言って頭を抱えている。つまり、この風刺画が言わんとするのは、イスラム教徒の中に馬鹿な原理主義者のテロリストがいて、そのおかげであたかもイスラム教そのものがテロリストの宗教であるかのごとき偏見を持たれていることに対し、実はイスラム教の創始者であるムハンマド自身も嘆いているのではないかということだ。

これは非イスラム教徒にとっては、風刺や諧謔と受け止められるが、イスラム教徒にとっては、笑って済まされるものではない。それどころか、偶像崇拝を禁忌とするイスラム教徒にとっては、ムハンマドが具象化され戯画化されていること自体が、イスラムを冒涜し、イスラム教徒を侮辱していると映るわけだ。

しかし、この訴訟は、シャルリエブド紙側の勝利に終わる。裁判所は、この風刺画には、イスラム教徒を「直接かつ根拠なく侮辱するという確固たる意志」が認められないという判断を下し、イスラム教徒団体の訴えを却下した。つまり、ムハンマドの風刺画は、ヘイトスピーチに当たらないと判示したのである。この他にも同様の訴訟が提起されているが、ムハンマドの風刺画に関してはいずれもシャルリエブド紙側が勝訴しており、判例として定着している。

「宗教の冒涜」は許されるのか

そこで次に問題となるのは、たとえイスラム教徒に対する侮辱ではないとしても、イスラム教徒の禁忌とする偶像を描くことによって、イスラム教そのものを冒涜しているのではないかという問題である。すなわち、人の信じる宗教に対して、それを冒涜する言動・表現が、「表現の自由」の名の下で、許されるのかという問題である。

この問題に関わってくるのが、フランス独特の「ライシテ(政教分離)」という法原則である。フランス革命によって誕生した共和政の推進者たちが、その後長い間、王権と結びついていた教会の権力と影響力を排除する戦いを続けた結果、1905年にようやく、国家と宗教の分離を法制化(政教分離法)して以来、フランスでは、いかなる宗教に対しても国家は中立的な存在となり、また逆に、宗教の国家に対する支配をいっさい認めないという法原則が確立されている。

一方、個人の信仰の自由は、基本的人権の一つとして当然認められるが、人が宗教を信じることも信じないことも自由とされ、さらに人が宗教を否定することも冒涜することも、国家がこれを禁止することはできないという、徹底した政教分離の考え方が貫徹されている。したがって、フランスの法律には、「宗教の冒涜」という概念はない、とされる。つまり、フランスでは、「宗教の冒涜」は当然に許されるべき行為なのである。

このことは、つい最近も、マクロン大統領によって改めて、確認されている。同大統領は、9月4日にパンテオンで行われた第3共和政発足150周年記念式典で、共和国の理念に関する演説を行い、その中で、「表現の自由」と「ライシテ」について、次のように述べている。


「フランスでは、良心の自由に加え、ライシテも保障されています。この法原則は、世界でも他に例を見ない独特のもので、信仰する自由も信仰しない自由も保障していますが、表現の自由と密接不可分であり、神を冒涜する権利すら含まれるのです」(下線は筆者)

だが、ここでいう「神を冒涜する権利」とは、歴史的経緯として、キリスト教中心の社会において、その構成員がキリスト教を肯定するか否定するかという文脈の中で、形成され確立されたものであって、本来、イスラム教など他者の宗教についてまで踏み込んで冒涜することは想定されていなかったはずである。イスラム教徒からすれば、フランス人がキリスト教に関して「神を冒涜する権利」があることに異議を唱えるものではないが、イスラム教に関してまで「神を冒涜する権利」があると言われると、心穏やかであろうはずがない。

かつては、フランス社会の中に、イスラム教徒はほとんどいなかったので、特に問題となることはなかったが、今やフランス社会には数百万人ともいわれるイスラム系移民が存在する。そのことの自然の結果として、「神を冒涜する権利」がイスラム教にまで拡大適用されることになってしまったのだ。

かりに、こうしたフランスのルールを、フランス国民たるイスラム教徒に認めさせることができたとしても、フランス国民ではないイスラム教徒には通用しない。フランスでイスラム教が冒涜されたというニュースが伝われば、他国にいる多くのイスラム教徒によって弾劾される。そしてそれが、イスラム原理主義のテロに格好の口実を与える。

こうした不幸な悪循環の結果、フランスの理念とイスラム原理主義の「戦争」は、果てしなく続いている。

プロフィール

山田文比古

名古屋外国語大学教授。専門は、フランス政治外交論、現代外交論。30年近くに及ぶ外務省勤務を経て、2008年より東京外国語大学教授、2019年より現職。外務省では長くフランスとヨーロッパを担当(欧州局西欧第一課長、在フランス大使館公使など)。主著に、『フランスの外交力』(集英社新書、2005年)、『外交とは何か』(法律文化社、2015年)など。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ロシア国債元利払い、米特例措置が失効 デフォルト濃

ビジネス

世界的なインフレ、適切な金融政策対応は国ごと異なる

ビジネス

景気判断「持ち直し」維持、物価目標「持続的・安定的

ワールド

中国、太平洋島しょ国地域で包括合意模索 警察・安保

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:NATO vs.プーチン

2022年5月31日号(5/24発売)

北欧2カ国の加盟によるNATO拡大は「誤算」だがロシアは必ずしもそれを恐れない

人気ランキング

  • 1

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 2

    【動画】プーチン「パーキンソン病説」が再浮上

  • 3

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動画が話題に

  • 4

    「恥ずべきほど成果がない」 ロシア国営メディアが…

  • 5

    ロシアの新興財閥がプーチンの首に懸賞金「生死は不…

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 3

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメ…

  • 6

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 7

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 8

    日本の未来が「おいしい」理由は2000年代のアメリカ…

  • 9

    全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、…

  • 10

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 6

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 7

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中