コラム

右旋回するフランス大統領選──マクロン再選に黄信号

2021年12月29日(水)15時00分

2022年4月のフランス大統領選が混沌としてきた John Thys, Christian Hartmann, Bernadett Szabo, Christian Hartmann/REUTERS

<ルペン・マクロン対決の再現で事実上のマクロン信任投票と見られていた新年4月のフランス大統領選挙が混沌としてきた。新顔の右翼ゼムールの台頭によりにわかに選挙戦が白熱し、同じく新顔の右派ペクレスが漁夫の利を得て当選する可能性が出てきたのだ>

フランスの次期大統領選挙は新年4月10日と4月24日に行われる。4月10日は第1回投票で、ここで過半数を獲得する候補がいなければ、上位2位までの候補の間で、4月24日に決選投票が行われる仕組みだ。この独特の選挙システムがこれまでも数々の政治ドラマを生んできた。

最新の世論調査(harris interactive)によれば、主な大統領候補の支持率は、次のようになっている。
・マクロン(中道左派:「前進する共和国」)24%
・ペクレス(右派:「共和派」)17%
・ルペン(右翼(「極右」と訳されることもある):「国民連合」)16%
・ゼムール(右翼(同上):「再征服」)15%
・イダルゴ(左派:「社会党」)4%
・メランション(左翼:「不服従のフランス」)11%
・ジャド(環境派:「ヨーロッパ・エコロジー・緑」)7%

yamada20211228.jpg

左から、マクロン、ペクレス、ルペン、ゼムール

この数字のままだとすると、マクロン(24%)の決選投票進出はほぼ確実だとして、もう一人の決戦投票進出者がだれとなるのか。ペクレス(17%)、ルペン(16%)、ゼムール(15%)の右派/右翼の3人の間の差は、ほとんど誤差の範囲内であり、誰が勝ち残ってもおかしくない。

しかし、この2人目の決選投票進出者が誰になるかで、決選投票の構図は大きく変わることになる。3人とも右派ないし右翼として、穏健か極端かの違いこそあれ、基本的に同じ政治志向をもっているように見えるが、実はそうではない。

右派/右翼勢力の離合集散

従来フランスで右派ないし右翼(極右)とされてきた政治勢力は、社会文化的価値観において保守的(アイデンティティとフランス固有の価値観を重視、移民に厳しい)で、政治経済に対する考え方においてナショナリズムの傾向(主権主義、強い国家、保護主義)を体現してきた。その典型はドゴールの継承者たちのゴーリスト政党「共和国連合」であったが、非ゴーリストの中道右派勢力との大同団結を果たした2002年前後を境に、グローバリズムと新自由主義の方向に政策転換を行い、保守的な性格は変えないままで、伝統的なナショナリズム路線からは次第に遠ざかっていった。その空いた穴を埋めるように台頭してきたのが、右翼ルペンの「国民戦線」(現在は「国民連合」と改称)である。一方、統合した右派勢力はその後「共和派」(「共和党」とも訳される)と改称し、今日に至っている。

従って、同じ右(右派ないし右翼)とはいえ、ナショナリズム志向かグローバリズム志向かで、国民連合(ルペン)と共和派(ペクレス)の立ち位置は、まったく異なっている。このことを図示すると、下図の縦軸の関係におけるルペン(上)とペクレス(下)の違いとして表される。

yamada20211229ccc.jpg


同じくこの図に即していえば、前回大統領選挙のときは、共和派のフィヨンが第1回投票で敗退したため、決選投票では、図上左下のグローバリズム志向でリベラルなマクロンと、右上のナショナリズム志向で保守的なルペンという、まったく対称的で、政策の違いが明白な対決が実現した。今回の大統領選挙もこれと同じ構図になるのではないかと見られていたが、そう簡単にはいかない波乱要因が最近になって見られるようになってきた。新右翼のゼムール候補の台頭と、共和派候補ペクレスの登場である。

プロフィール

山田文比古

名古屋外国語大学教授。専門は、フランス政治外交論、現代外交論。30年近くに及ぶ外務省勤務を経て、2008年より東京外国語大学教授、2019年より現職。外務省では長くフランスとヨーロッパを担当(欧州局西欧第一課長、在フランス大使館公使など)。主著に、『フランスの外交力』(集英社新書、2005年)、『外交とは何か』(法律文化社、2015年)など。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米大統領、インド首相との会談で共通点強調へ=米高官

ビジネス

日本の製造業PMI、5月は53.2へわずかに低下

ワールド

ロシア軍兵士に終身刑、ウクライナで初の戦争犯罪裁判

ビジネス

GX経済移行債、年末までに結論得られるよう検討=鈴

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:NATO vs.プーチン

2022年5月31日号(5/24発売)

北欧2カ国の加盟によるNATO拡大は「誤算」だがロシアは必ずしもそれを恐れない

人気ランキング

  • 1

    米マクドナルド、ハンバーガー写真を「盛りすぎ」で訴えられる 

  • 2

    アイヌ文化をカッコよく描いた人気漫画「ゴールデンカムイ」の功罪

  • 3

    中国鉄道メーカー、欧州で「車両販売キャンセル」の衝撃 2年経っても運行認可出ず

  • 4

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    マウンティングはどこまで我慢すべき? 名医が教える…

  • 7

    【動画】プーチン「パーキンソン病説」が再浮上

  • 8

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 9

    「アカウント再開のため、運営社員と何度も寝た」人…

  • 10

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 3

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメ…

  • 6

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 7

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 8

    日本の未来が「おいしい」理由は2000年代のアメリカ…

  • 9

    全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、…

  • 10

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 6

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 7

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中