コラム

エンジェル投資をする会社の基準は「応援したい」と「応援できる」

2021年04月13日(火)18時05分

自分が理解できない会社への投資はただのギャンブル

藤野氏自身も、ファンドマネージャーから経営者になったことで経営者に対する尊敬の念が増したというが、当然起業はメリットばかりではない。

「起業しないほうがよい理由も100言えるので、起業したい人から相談を受けたら全力で止める話をする。それで辞めるなら、そのほうが相手のためになるから。でも、損得感情抜きで『やりたい』という力は誰にも止められない」

そんなエネルギーに満ちた起業家たちに数多く出会う藤野氏だが、エンジェル投資(創業後間もない企業への資金援助)をする会社には、明確な2つの基準があるという。

「1つは、応援したい会社・人であること。自分自身が好きであり、共感できるビジネスや経営者のことで、当然『儲かりそう』も大事。儲からないと思っていたら相手にも失礼だから」

もう1つは、応援できる会社・人であること。ポイントは、その会社の経営者が急病などにより数カ月休んだとき、代わりにその会社を守れる自信があるかどうかだという。

「顧客や仕入先、株主、リスクのイメージが湧かないと社長はできないので、自分がその会社のことを理解していることが大事。理解・関与できない会社に投資するのはただのギャンブル。その会社が危なくなったとき、指を加えてただ見ているだけになってしまう」

起業も投資も、本質は「人を幸せにすること」にある。社会全体の幸福度が上がらないと、リターンは返ってこないからだ。これを理解できるか否かで、起業や投資の成功確率が決まる。

構成・酒井理恵

●YouTubeチャンネル「お金のまなびば!」

プロフィール

藤野英人

レオス・キャピタルワークス 代表取締役会長兼社長、CIO(最高投資責任者)
1966年富山県生まれ。国内・外資大手資産運用会社でファンドマネージャーを歴任後、2003年にレオス・キャピタルワークスを創業。日本の成長企業に投資する株式投資信託「ひふみ投信」シリーズを運用。投資啓発活動にも注力しており、東京理科大学MOT上席特任教授、早稲田大学政治経済学部非常勤講師、日本取引所グループ(JPX)アカデミーフェロー、一般社団法人投資信託協会理事を務める。主な著書に『投資家みたいに生きろ』(ダイヤモンド社)、『投資家が「お金」よりも大切にしていること』(星海社新書)、『さらば、GG資本主義――投資家が日本の未来を信じている理由』(光文社新書)など。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

仏でコロナ入院患者数が3日連続増、再生産数も1を超

ワールド

原油先物、数年ぶり高値に迫る エネルギー需給逼迫巡

ビジネス

GE、米従業員のコロナワクチン接種義務付けへ

ビジネス

米物価上昇、予想より長期化の公算=ボウマンFRB理

MAGAZINE

特集:世界に学ぶ至高の文章術

2021年10月26日号(10/19発売)

ビジネスの現場でも「よい文書」は不可欠── 世界の共通するライティングの基礎とは

人気ランキング

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 3

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 4

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 5

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 6

    韓国世論も日韓関係の悪化しか生まない「徴用工裁判…

  • 7

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由が…

  • 8

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 9

    このアイスが64円! 10期連続売上増シャトレーゼが「…

  • 10

    脱炭素シフトで世界の優等生ドイツが「国中大停電の危…

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を歴史で読み解く

  • 3

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女性を狙う、猛スピードの男

  • 4

    モデルナ製ワクチンで重い副反応を経験した大江千里…

  • 5

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 6

    中国進出の日本企業は、極めて苦しい立場に立たされ…

  • 7

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 8

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 9

    緑地、易居、花様年、当代置業......中国・恒大集団…

  • 10

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 7

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中