コラム

対日関係を改善したい文在寅、歩み寄る理由がない菅義偉

2021年06月23日(水)20時15分

それに、そもそも日本と韓国では戦略上の優先事項が異なる。

日本にとって重要な戦略課題は、①中国による安全保障上の脅威への対処、②北朝鮮核問題の解決、③日本とアジアの安全保障に対する米国の関与の確保、④自由貿易体制の強化だ。

韓国にとって優先順位の高い戦略課題は、①北朝鮮との和平合意、②中国による安全保障上の脅威への対処、③日本の北朝鮮に対する敵意の緩和および日本の軍事力増強の抑制、④自由貿易体制の強化である。

もし韓国の次期大統領が中国と北朝鮮の脅威について日米両国政府と共通の認識を持てば、日韓の協力が進展する可能性もある。

バイデンは、日韓両国との強固な関係をアメリカのアジア政策の礎石と位置付けている。実際、バイデンが大統領に就任した後、最初に対面で会談した外国首脳は菅、そして2人目が文だった。

アントニー・ブリンケン国務長官とロイド・オースティン国防長官も日韓の外相や防衛相との会談で、3カ国の協力関係の重要性を強調している。

いま日韓関係が冷え込んでいる根底には、選挙日程だけでなく、相互の根深い反感があるのは事実だ。しかし、両国の選挙が終われば、日韓が2国間と多国間で協力関係を築ける可能性は十分にある。

(※韓国は変わったのか――。本誌6月29日号「ファクトチェック 韓国ナゾ判決」特集では、次期大統領選が近づく韓国で相次いだ慰安婦問題・徴用工問題の「ナゾ判決」を検証。2021年の日韓関係を探った。木村幹・神戸大学教授ほか執筆)


20211207issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

12月7日号(11月30日発売)は「文化大革命2.0」特集。習近平が主導する21世紀の共産主義運動。思想・情報統制をどこまで強化するのか、独裁者の真意はどこにあるのか

プロフィール

グレン・カール

GLENN CARLE 元CIA諜報員。約20年間にわたり世界各地での諜報・工作活動に関わり、後に米国家情報会議情報分析次官として米政府のテロ分析責任者を務めた

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

訂正:米国株式市場=上昇、オミクロン株巡る懸念が後

ビジネス

暗号資産、1─11月に過去最高の資金流入=コインシ

ビジネス

格付け会社、オミクロン株に警戒 世界的な景気見通し

ビジネス

インフレは長引く可能性、コロナで下振れリスク=FR

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに起きた変化とは

  • 2

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    セブンイレブンに「来店」したクマ、感染症対策も欠…

  • 7

    韓国の新規感染者数が初の4000人超え。日本とは何が…

  • 8

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 9

    ワクチンが効かない?南アフリカ変異株「オミクロン…

  • 10

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 5

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 6

    多数の難民を受け入れたスウェーデンが思い知った「…

  • 7

    ナイキのシューズがクリスマス、いや来年夏まで入荷…

  • 8

    勝海舟があっさり江戸城を明け渡した本当の理由 「無…

  • 9

    恋の情趣・風雅・情事 ── 江戸の遊廓で女性たちが体現…

  • 10

    EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督のマーベル映画『エターナルズ』

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 6

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 7

    ネコはいつでも飼い主を思っていた...常に居場所を頭…

  • 8

    突然の激しい発作に意味不明の言葉──原因は20年前に…

  • 9

    あなたはいくらエクササイズしても痩せない 脂肪燃…

  • 10

    背中を売ってタトゥーを刻む『皮膚を売った男』の現…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中